20数年ぶりにスキー。

先週末、大粒の雪が降りました。
やっと山らしくなった風景。

f0161652_17444850.jpg


除雪車を運転するご主人と戯れるワンコ。
「犬は喜び庭駆け回り猫はコタツで丸くなる」とはよく詠った歌だなあ~

f0161652_17483063.jpg

ドイツ時代の友達が、5歳の娘ちゃんに初スキー体験をさせるために
遊びにくることになってたんですが、
それに合わせるかのように前日に降りしきり、そして、快晴!!
f0161652_17505501.jpg

スキーのメッカに住んでいながら、滑降スキーは一度もしてなかったんですが、
5歳の子と一緒なら!と、20数年ぶりに再スキーしました!
家から5分でゴンドラ乗り場。スキーをレンタルして、いざ出陣!!
f0161652_17533382.jpg

いやっほーーーーい!!!
f0161652_17582081.jpg

5歳の子だと甘えていたらとんでもない・・
一週間通った子供スキー教室の最後のミニ大会で二位メダルを獲得。
(一位の子は体の大きな7歳の子)。
この日も私がビビリながら山を降りている間に、5歳チャンは余裕の2往復。
・・・おばちゃんは置いてきぼりでした☆
アレちゃんも20年振りだった割には結構上手。
私もドイツ友達に教えてもらいながら、地味に、でも丸一日楽しみました!
自分の谷を下に見下ろしながら滑走。
森林コースも長~くて、気持ちいい~☆

さて、我が家で夕飯編。
f0161652_19453233.jpg
日本のお寺に一年座禅で篭ったこともある友達の、
我が家でのリクエストご飯は「きりたんぽ」。
クックパットで調べながら、この機会に初挑戦。
見た目悪いですが、前日から仕込んだ鳥ガラスープが
なんちゃってきりたんぽに染み込んで、おいしかった~☆
5歳チャンも初お箸で上手に食べてました。

リクエストその2。やっぱり寿司。
f0161652_19411431.jpg

懐かしの北から、私がリクエストしたお土産。リューベックのマジパン。
こんなにいっぱい持ってきてくれた☆
f0161652_19432906.jpg
ドイツVSイタリアピザ対決の夜。
こっちはドイツピザ(焼く前)。
f0161652_21183837.jpg
こっちはイタリアあれちゃんピザ。
それぞれにオトコのこだわりがあってどっちも美味しかったです☆
f0161652_21192527.jpg
賑やかで楽しい一週間でした☆
f0161652_21232218.jpg


リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。



 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-02-15 21:24 | ドロミテの景色 | Comments(7)
Commented by environtuushin at 2017-02-15 22:03
雪 たくさん積もったのですね~
家から5分でスキー♪ 素晴らしい‼
スキー楽しまれましたか?^^
( え‼ ゴンドラから見えるゲレンデ けっこう急斜面 ^^; )
Commented by Yozakura at 2017-02-17 17:42 x
吉田さま:無沙汰しております
 久し振りにスキーを堪能されたとの由、スキーがお好きなんですね。冬もスポーツで体力と健康を維持する----素晴らしい生活ですね。
 実は以前、そちらの居住地の地名を拝見して気付いては居たのですが、「余り頻繁に投稿しても----」と躊躇っていた事蹟を、此処で勝手に紹介させて下さい。

 若いかたは御存じないかもしれませんが、その昔、60年以上も前に、そのドロミテ渓谷にて冬季五輪大会が開催されました。第7回:コルティナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)大会です。コルティナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)とは、昨年も末頃に、貴ブログにて紹介されていた記述にも登場した小さな村の名前です。
 その第7回大会は1956年1月から2月に懸け、そちらのドロミテ渓谷奥地の小さな山村で開催され、会期は2週間にも満たない短期間でした。

 で、私が記憶していますのが、地方都市の小さな映画館で鑑賞した「ニュース映画」----今となっては、信じ難いほど古く、そして歴史的な遺物の如き報道形態です----にて確認した、日本代表の猪谷千春氏の活躍でした。
 猪谷選手は当時、米国の有名大学ダートマスの学生で、日本国内では既にスキー滑降競技の第一人者でした。しかし、世界的な五輪大会では、前回が確か11位の成績に留まり、米国人のスポンサーの支援を得て米国へ留学中だったのです。その間の詳細はネット百科事典に掲載されています。
 で、1956年1月下旬に開催されたスキーの大回転競技に出場した猪谷選手は、当時の正解チャンピオン、Toni Sailer に次ぐ第2位の成績を収め、見事に銀メダルの栄誉に浴したのでした。そして、此処からが、本日の投稿の核心記事です。

 その猪谷千春選手の滑降を実際に映写した記録映画を、ネット上に発見しましたので、茲にお報せする次第です。
 それは、著名な動画共有サイトの片隅に、イタリア語で編集された極く短い記録映画の断片として、ヒッソリと佇んで居ります。猪谷選手の滑降が、大回転のターンが精確に記録されています。
 諸般の事情あり、詳細は、貴ブログへの「別便に依る私的な投稿」と云う形式にてお報せします。暫く御待ち下さい。
Commented at 2017-02-17 17:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-02-17 18:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2017-02-20 08:07
environさんへ。
スキー楽しかったです。
ゴンドラから見えてるゲレンデの写真はオリンピックコースなんです。もちろん私はゴンドラから見下ろしただけです☆
Commented by organvita at 2017-02-20 08:15
Yozakuraさんへ。
沢山の情報をどうもありがとうございました。猪谷選手のコルティーナでの活躍の話はこちらでも聞きますが、映像を見たのは初めてです。ご紹介くださりありがとうございます。素晴らしいですね。ウィンタースポーツの日本選手の活躍はイタリア人も一目おいていて、私はスポーツに疎いですが、誇らしいです。
Commented by Yozakura at 2017-02-20 14:49 x
吉田さま
 お手紙を拝見しました。返信、有難う御座います。
 前回、2月17日17時42分の投稿に誤字がありましたので、訂正します。

 ×:正解チャンピオン ⇒◎世界チャンピオン

 どうも失礼しました。m(_ _)m お元気で。
<< ピアノ発表会 バンブー籠 >>