Scuolのオルガン

スイスの東端、イタリアとオーストリアの3国が重なる辺りにある街、
シュクオールの教会でコンサートを弾いてきました。
3000M級の山々に囲まれた谷にある街。
スイス圏に入ったとたん、エンガディン地方特有の家の壁の装飾が
目に入ってきます。言葉はドイツ語。でもみんなイタリア語も達者。

f0161652_07263446.jpg
このプロテスタント教会の内部もこの辺りの典型的な教会。
片面だけの窓、簡素な装飾、暖かいぬくもりの木のベンチ。
f0161652_07454242.jpg
天井に残るかわいらしい花模様。
f0161652_07521813.jpg
弾いてきたオルガンはこちら。
Heinrich Giezendanner 1792 / Metzler 1957
オルガンケースは18世紀のオリジナル。

f0161652_07535224.jpg

二段鍵盤+ペダル 18ストップ

f0161652_07552847.jpg

今回もアレックスとの連弾、それぞれのソロを交えたプログラムで。
個性がしっかりしていながらもバランスの良い音色&
垢抜けた美しい残響のオルガンでした。

f0161652_07590032.jpg


日帰りで弾いて帰ってこなければいけなかったので、
教会直行直帰。案の定、町は全然見れらず。
後で知ったんですけど、温泉で有名な観光地だとか!
く、くやしい・・・。オルガン弾いてる場合じゃなかった。。。?

ちなみに、ぱっと行ってぱっと帰ってしまうことをイタリアではよく、
「Toccata(触る)と Fuga(逃げる)」って表現します。
例えばアレちゃんの実家に一泊だけで帰るとマンマが、
「もう、アンタたちはいつもトッカータとフーガなんだから!」みたいに。

コンサート終わってから、フェスティバル関係者の皆さんと打ち上げ☆
それから大雨の夜中、3時間かけて車でおらが村に帰りました。
夜中2時過ぎ帰宅。日帰り労働者。ごくろうさん。

f0161652_08072382.jpg




今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-08-16 08:16 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)
<< ポツダム Erlöserkir... ミサでの出来事 >>