ジロ・デ・イタリア 18ステージ

ジロの季節です!
毎年ジロのコースにはドロミテの山岳コースが組み込まれています。
2014年の第18ステージは、私たち夫婦の日常の行動範囲を全て網羅したコース(笑)。ヴェネトのアレちゃんの実家近く、ベッルーノからおらが村までの長い山岳道路(途中2000Mの峠あり)、それから、おらが谷の村々を貫通し、トレント方面へ抜ける人里少ないくねくね山道を通り、ヴァルスガナ峠、カルドナッツォ湖を通り過ぎて、温泉地レヴィコ裏の峠を登ってゴール、というすごい超距離&ハードコース。

おらが村を通過する予定時間は午後14時。
まずはお昼を食べながらテレビでのんびり観戦。
見慣れたいつもの道がヘリコプターから映し出される。
最難関のサン・ペッレグリーノ峠を下りだしたところで、家を出た。
いつもなら子供が遊ぶ声が聞こえる道も、今日は人っ子ひとりなし。
でも、おらが村の広場に繰り出したら、そこにみーんないました(笑)。
おらが村住民のほぼ全員に遭遇(?!)。ジロが通るまで井戸端会議☆
今日のピアノのレッスンをドタキャンしてきた生徒もこの中にいるはず・・・
いいよぉ~先生怒らないよぉ~先生も見たかったから☆

f0161652_22123147.jpg
恒例ピンクのジロ・グッツ。ちょっと雨が降り出しそうなお天気。
f0161652_22274897.jpg
幼稚園の三輪車隊たちも旗持って応援に。
f0161652_22324425.jpg
そして、やってきました、先頭グループ!
ビデオに撮ったけど、風のようにシャラーっと過ぎ去っていって、25秒!!


次のグループが5分後くらいに通過!
ぶわーっと通り過ぎ、25秒!!!
ここに唯一の二人の日本人選手、別府選手と新城選手が二人映っている筈なんだけど!!日の丸持って出れなくてごめんなさい~!!
※2012年にミニ日の丸持って別府選手をおらが村で応援した様子はこっち



先頭グループと、このグループの二つに分かれて通り抜けていったジロ。
あっという間でした~!
f0161652_22503719.jpg

この記事をアップしながら、家で続けて中継見てます☆
もうゴール付近。すごく距離があるのに。しかもものすごい山道なのに。
がんばれ~!!!

素晴らしいチェリストのお友達で自転車ファンのテルオットさん、こと、高群輝夫さん
いろいろ情報ありがとうございました~!!
そしてオルガン関係者で隠れ?自転車ファンのオルガン探検家さんどらの手も借りたいオルガン作りさん、観てますか~?!




夏のオルガンアカデミーのご案内はこちらをクリックしてください。
7月24~31日、南ドイツオルガンアカデミー、まだ空席ございます。
   



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2014-05-29 22:42 | ドロミテの景色 | Comments(2)
Commented by emilia2005 at 2014-06-02 01:40
おぉ、躍動感のある写真が並んで壮観ですね。山岳部では雪のため、レースが一旦中断(中止?)されたとか聞きましたが、とにかく前に進んだのですね。モデナは第10トラップの出発点でした。当日は旧市街を中心に交通網が全面的に麻痺。渋滞に巻き込まれた夫から、不満ぶつぶつのsmsが届いたのでした^^
Commented by organvita at 2014-06-06 23:46
emiliaさんへ。
去年も雪で中止になったレースがあったんですよね。春だというのに山はなかなかキビシイです。雪の寒さじゃあ選手も命がけでしょうね~!
モデナも通ったんですね!渋滞・・・わかります、ここも2・3時間全面通行禁止になったので、午前中はトレントに行っていたのですが慌てて戻ってきました~!
<< 黄色い絨毯&雹 おらが谷の日本風味・・・ >>