フランス・オルガンアカデミー1 パリ・サン・シュルピス教会

フランスでのオルガンアカデミー。パリを経つ前に参加者の方たちとサン・シュルピス
教会へ。この日は日曜日だったので、ミサを目当て・・・というか、ミサで鳴るオルガンを目当てにやってきました。
f0161652_21145591.jpg
この教会には、カヴァイエ=コルという、ロマン派時代のオルガン史を語る上で重要な
オルガンビルダーが制作した名器があり、今でもそのオリジナルの音色が、パリ市民の生活に浸透しています。世界遺産として登録される候補に挙がったほどの楽器です。
(残念ながら登録には至らなかったそうですが)

ミサは通常10時半からですが、その少し前からオルガン演奏が行われます。
パリに日曜日にいて、オルガンを聴きたい、という方、ぜひ!

ちなみに、祭壇右横の小部屋で、絵葉書やオルガンのCD、オルガンのディスポジションなどを手に入れることができますよ。
f0161652_22413781.jpg
さて、10時くらいからそこでオルガングッツを皆で物色していると、教会のオルガニストさんと鉢合わせ!私たちがオルガニストだということを告げると、それではこれからのミサ前の演奏を横で聴きませんか?と、オルガンのバルコニーに一緒に上げてくださいました!オルガンバルコニーから見下ろした教会はこんな感じ。日曜日の朝日が美しい。
f0161652_23132461.jpg
オルガニストのSophie-Veronique Cauchefer-Choplinさん。
とってもチャーミングで気さくな女性。
いくつかのオルガン曲に続けて、お得意の素晴らしい即興演奏を、こんな間近で体験させていただきました。とても重たい鍵盤を全身全霊かけて操っている姿、かっこよかった~☆
f0161652_2324168.jpg
オルガン演奏台の周りには、これまでこのオルガンに携わった歴代のオルガンビルダーの碑が刻まれていました。
f0161652_23384637.jpg

f0161652_0253628.jpg
ちなみに、ここはヴィドールやデゥプレもオルガニストを勤めた教会。
フランス・ロマン派オルガン音楽が好きな人には聖地です☆

その後また会堂に降りて、ミサで鳴るオルガンを満喫。
オルガン脇ではそのメカニックな部分を楽しめますが、オルガンの全体の響きを堪能するには、やはり会堂の中で、教会の残響とともに味わうのが一番。ミサが終わるとまたまたオルガンミニコンサートが始まりました!カヴァイエ=コル尽くしの日曜の朝。
結局お昼くらいまでずーっとオルガン聴いてました。ラッキー!

さて、それからノートルダム寺院まで、セーヌ川沿いにお散歩。
今年850周年(!)を迎えたこの教会。ものすごい列ができており、なかなか教会内に入れませんでした。実はオルガンも大修復&大改造を終えて、リニューアルしたばかり。
f0161652_03152100.jpg
ノートルダム寺院の見所のひとつ、バラ窓。
f0161652_0344055.jpg
短いパリ滞在を楽しんだ後、電車でアカデミーの開催地へ移動!
続きます~。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-09-27 17:09 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(2)
Commented by francana at 2013-10-01 22:12
サン・シュルピス教会は何度入ったか分からないくらいですが、オルガンから見下ろす景色は初めて見ました!いい眺めですね~ いつも高い天井をひたすら見上げるだけでしたから・・・とっても新鮮です。
Commented by organvita at 2013-10-07 00:13
francanaさんへ。
そうですか~!ミサの後に、教会に入ってすぐ右横にある、オルガンバルコニーに続くちいさなドアの前に行列ができていたので、あそこに並べば、オルガンバルコニーまで上げてくれるのだと思います!次回チャレンジしてみてください~☆ちょっとした探検っぽくて楽しいです~
<< フランス・オルガンアカデミー ... パリの夜 >>