築地本願寺のオルガン

オルガニスト小島弥寧子さんのブログ「築地のお寺でパイプオルガン」でも有名な、
オルガン寺、築地本願寺。
毎月末に行われるランチタイムコンサートで、アレックスとドゥオで演奏させていただきました。当日、エキゾチックな入り口には縦書きの懐かしい感じのコンサートの看板が。
f0161652_0133862.jpg
入り口に置かれた大きな壷には白い蓮。その足元に金魚。
f0161652_0265759.jpg
よく見るとこれまたエキゾチックな造りの蓮の花。遠くまで旅にやってきた気分。
f0161652_0313131.jpg
中に入ると入り口の上部に、パイプオルガン。
お寺にオルガン?なのに不思議とマッチ。天井の梁も素敵。
演奏するところはオルガンの右斜め下の箱部分。
f0161652_019631.jpg
お御堂の奥はもちろん立ち入り禁止。
お坊さんが時々出入りする姿に、アレックス興味深々。
f0161652_1535077.jpg
最近修復されたばかりのお御堂は更に光り輝いています。
コンサートの時には、お客様は正面を向きながら、オルガンの音色を背中に感じて拝聴する。ヨーロッパの教会と同じような感じ。
でも、演奏している姿も見えるように、所々にモニターも。
f0161652_15404445.jpg
先月のコンサートがテレビで紹介されたこともあって、当日は溢れんばかりのお客さま!
二人で演奏するとオルガンの風をたくさん必要とする連弾。それでも築地のオルガン、よく頑張って鳴ってくれました!
お寺には、教会の賛美歌ならぬ、賛歌があり、それをアレちゃんがアレンジして一曲ご披露。演奏者は位置的に正面を見ながら演奏できるわけで、ヨーロッパでは決して体験することのできないこの特別な空間での一時に、アレちゃんは痛く感動しておりました。

コンサートの後は、も・ち・ろ・ん、築地の美味しいお店へ!!
築地をよく知る弥寧子ちゃんや皆様に連れられてやってきたこちらのお店で、
イタリアで夢にまで見た(?)海の幸のオンパレード丼。ああ幸せ。
こういう美味しい写真はイタリアに持って帰って、我が家のPCのデスクトップ写真に採用されます(爆)。
アレちゃん、ここでもお坊様に質問攻め。お坊さんは一日何をして過ごすのかとか色々聞いていました。親切に色々とお答えいただいて、大満足。
楽しい一時をどうもありがとうございました!

このコンサートのことが、小島弥寧子さんのブログ「築地のお寺でパイプオルガン」のこのページでも紹介されていますので、こちらもどうぞ☆寿司柄のTシャツを着て張り切ってるザ・日本観光アレちゃんの写真も見れます(爆)。
f0161652_1548503.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-08-05 15:51 | 見た弾いたオルガン | Comments(2)
Commented by ouchidaisuki45 at 2013-08-05 20:25
築地は夫もお気に入りで、来日中の希望(何をしたいか、食べたいか)に必ずランクインするの。
ドイツ人によく、「くーちゃんはいつもどこに寿司を食べに行くの?ミュンヘン?エアディング?」・・・って聞かれるけれど、新鮮な海の幸はやっぱり日本で食べたいよね!
しかし、壮大なお寺と壮大なオルガン~。信仰と文化の交流が興味深いです!
Commented by organvita at 2013-08-07 18:04
くーちゃんへ。
築地は私たちも、コンサートがなくても帰国の時にはやっぱり行きたい場所のひとつ。そういえば、歌舞伎座がリニューアルして地下にもお店ができていたり、すごく賑わっていたよ!あの界隈の和食器屋さんも見逃せないよね~☆
<< パンペアーゴ Pampeago... 横浜みなとみらいホールのオルガン >>