メーデバッハのオルガン Medebach koneta

日本オルガン紀行の途中ですが、先週末ドイツで演奏してきたレポートです。

ドイツの殆どど真ん中、カッセルで電車を乗り換えて、西に約2時間。
ザウアーランド地方のメーデバッハという町のフェスティバルで演奏してきました。
木組みのお家が並んだ、可愛らしい町並みです。
弾いてきたのは、この奥に見えている町の中心のカトリック教会。
f0161652_22204551.jpg
ファッハヴェルクFachwerkとドイツ語で呼ばれる木組みのお家は、ドイツのあちこちで見られる建築様式。ゴスラーやツェレなど、その美しさで世界遺産に指定されている町もあるけれど、こんな「普通」の町にも素敵なお家がたくさん残されていて、今でももちろん住居として使われています。
f0161652_22264247.jpg
更に特徴的だったのが、この黒壁。西側の家の壁に取り付けられることが多いとか。
f0161652_2230033.jpg
教会へ。練習に入ったらミサをしていて、町の男声合唱団が熱演を振るっていました!教会の聖歌隊ではないけれど、なんでも、結婚40周年を迎えた団員がいて、その
夫婦のための祈祷があったミサだったらしく、ミサの最後に仲間達からの歌のプレゼント、ということだったみたいです。粋ですね☆
f0161652_22331964.jpg
会堂の後ろに鎮座するオルガン。
オルガン:Breil社(1965)
3段鍵盤+ペダル 42ストップ
f0161652_22362414.jpg
日本のコンサートホール紀行の途中なので、
ここでホールのオルガンに無くて教会のオルガンにあるものをご紹介☆
アナタはいくつ見つけられますか?!
f0161652_22393539.jpg
正解:まず左端に電話機が。これは、オルガニストが遠い祭壇の人(神父さんとか)と話せるように繋がってます。これが無いところでは、いちいち教会の正反対まで歩いて行かなければならないため。
それから、マイク。宴会用ではありませんよ~。オルガニストが弾きながら讃美歌を先導して歌わないといけない場合に使われます。
それから上部に鏡。祭壇が映っています。オルガニストはミサで祭壇で行われていることを確認しながら臨機応変に演奏を切り上げたり伸ばしたりしているのです。

一台一台違う「オプション」を持ったオルガンと言う楽器。
今回私たちを悩ませたのは、これ。この下に並ぶ番号ボタン。よく付いている、音色の組み合わせを記憶できる装置かと思いきや、そうではないらしい。
f0161652_22454284.jpg
10分くらい考え抜いた挙句、これは賛美歌の番号を祭壇脇の電光掲示板に映し出す機械だということが判明!判るまでボタンをゴチャゴチャと押し続けている間、暗い教会の電光掲示板に色んな番号が無駄に次々と点されていた、ということに(汗)。
オルガンの左上にこんな小窓が。例えばこれだと、「賛美歌123番の4節を歌いましょう」と会衆に知らせている、ということ。郵便局の窓口番号みたい。
f0161652_2250699.jpg
というわけで、真夜中まで音色作り作業をし、翌日練習&本番。
こちら本番中に撮ってくれてた写真。
ちなみに、下から見えない演奏台の周りに、賛美歌やら楽譜やら靴やら食べ残したお菓子やら?が散乱しているのも、教会のオルガンの特徴かも(笑)。散らかり具合でそこのオルガニストの性格や血液型がなんとなく見えてくる(爆)。
f0161652_2334587.jpg
コンサート後に、主催協会のみなさんと、とってもお洒落な地元レストランで打ち上げ!
明るい色の頭の方が多かったですが、まあ60~70歳くらいだろうと思っていた紳士達が、実は80歳後半!ヒットラーの戦争体験者たちで、いやあ実に興味深い話を聞かせてもらいました。それにしてもみんな元気!「大食いすると長生きしない」と言われますが、彼らは私の倍食べてましたね。次の日は86歳のおじ(い)さんが隣の駅まで愛車のアウディで送ってくれました。まだ自分の会社を経営していて来週はロシアに出張だそうです。北イタリアからドイツへの旅で疲れた、なんて言ってられません。
頑張ります☆
f0161652_23701.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-07-17 23:08 | 見た弾いたオルガン | Comments(10)
Commented by ouchidaisuki45 at 2013-07-19 04:57
メーデバッハはもうザールラントだったんだね。
長旅、ご苦労様でした!^^
教会内はリューベックのMarienkircheを髣髴とさせるね!
そうそう。戦争経験者との会話は意義深い。
お年を召していても『現役』と聞くと、こっちとしてはホンと、弱音なんてはいていられない気分だよね。
でも、長旅は長旅さ。疲れがたまりませんように。頑張れ!
Commented by noeboo at 2013-07-19 08:36
愛さん、おはようございます。
こちらは朝からジリジリともうセミが鳴いて、暑い一日が始まりました。

お疲れ様でした。
国境を越えて演奏をされているのですね~~。
教会の中も荘厳で、設備も立派で、びっくりしました。
教会のなかで、讃美歌も電光掲示板などで表示されると番号がすぐわかり
いいですねー。
最後の打ち上げの様子もとても楽しそうです。
ホント、皆さんお元気そうですねー。

お疲れが出ませんように。
Commented by organvita at 2013-07-19 16:15 x
ouchiちゃんへ。
昨日はなんだかそっけない電話になっちゃてごめんね~。
しかもコンサートのことごめんなさい、すっかりご連絡を忘れていたよ・・・滝汗。
イタリアのお年よりも元気だけど、ドイツも負けてないよねー。あと倍ある私の人生、元気にたどり着けるようにお互い健康には気をつけようね~☆
Commented by organvita at 2013-07-19 16:17 x
セミ、もうずいぶん鳴き声を聞いていません。この辺にはいないんです。やっぱり夏はセミ、スイカ、もわっとする熱気。これに限りますね~!コンサートは一時間でしたが、打ち上げは3時間くらいありました(笑)。
Commented by paprica at 2013-07-19 22:45 x
ぷぷっ。番号の謎に思わず笑ってしまった〜。ほんと、郵便局の番号みたいだね〜(って、イタリアに行ったとき、郵便局の勝手がわからなくてかなり戸惑ったよ〜)
お二人での演奏の様子、いつ見ても愛らしいです。素敵だなぁ〜。おじいちゃん、おばあちゃん、ハツラツとされてますね。好きなことをして、大好きなお友達に囲まれて、が健康と若狭の秘訣なのかも♪ 
Commented by organvita at 2013-07-23 17:54 x
papricaさんへ。
この番号制度、八百屋さんとかチーズやハムをスライスしてもらうような店とかでも採用されているんですよー。そちらでもあるんですか?!このコンサートを弾いた地域、自然が美しくて森や山の散策がメインの観光地でもあるんです。「天国に一番ちかいところだ」っておじいさんは私に言っていました。そう思って暮らせていることも幸せ=長生きの秘訣ですよね~
Commented by bantelner at 2013-07-25 21:20
愛さん
わぁ、ドイツかなり北上されていらしたんですね。
イタリアへ行くよりもずっと近かったのに・・・。(><)
コンサト・スケジュールちゃんとチェックしておかねば。
・・・おっと、次はうんと北ですね。(今度は北過ぎ・・><)

すでにアカデミー・シリーズが始まっていますね。
ハードな夏、どうぞお身体に気をつけて頑張ってください!
(来年こそは・・・と密かに目論んでおります!)
Commented at 2013-07-25 21:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2013-07-26 06:17
鍵コメさんへ。
本当だ!書き間違えていました!ご指摘ありがとうございます。早速訂正しました★
今南ドイツでアカデミー最中です!
Commented by グッチコピー財布 at 2014-05-10 17:18 x
インフルエンザは、突然38度~40度の高熱が出ることや、関節痛筋肉痛倦怠感など全身の症状が強いことが特徴的です<a href="http://hermes_udj3q.viroodh.com">エルメス ネックレス コピー</a>のころ、化学の実習試験に無理して出てきた友人に、インフルエンザをうつされたことがあります。 それはハイヒール世界<a href="http://chanel_0ssj.d4vid.com">シャネル ネックレス コピー</a>では無視することはできません赤ソールハイヒールを生成する最初の人物である、YSLの赤い靴は混乱と誤解YSLと<a href="http://hermes_kyt6h.libanoil.com">hermes ベルト スーパーコピー</a>の間にあなたは絶対にそれを全て拾い出すことができるお客様に、さらにポイント可能性がありますあなたは重要な特別赤色を見た時から、それは<a href="http://hermes_malpf.grossrx.com">エルメス バッグ コピー</a>の靴やブーツかもしれません?<a href="http://hermes_8f1y8.babylouise.com">韓国 hermes コピー</a>ユタアコマユタコレクションのアコマは最高品質ユタ州革外装で作られています。
グッチコピー財布 http://gucci_f6wh.heywebdude.com
<< 横浜みなとみらいホールのオルガン まりこさんのオルガン >>