盛岡市民文化ホールのオルガン

イタリアに来る前にオルガニストを勤めた、岩手県の盛岡市民文化ホール
数年振りに訪れたホールに入ると、懐かしいこのオルガンが待っていてくれました!
f0161652_114724.jpg
今年はこのホール15周年。
これに合わせて、現在のホールオルガニスト渋澤久美さんとの、オルガン・デゥオ・リサイタルに招かれ、演奏してきました。
久美ちゃんは今や盛岡の人気オルガニスト☆こちらのホールでは、外国人オルガニストのリサイタルをはじめ、オルガン・レクチャーコンサート、ランチタイムコンサート、小学生のためのオルガン鑑賞教室、一般市民のためのオルガンレッスン講座、オルガン基礎知識講座などなど、実に盛りだくさんなオルガン・イベントを企画しています。
OBさんも含め、ホールの職員全員がオルガンを愛していることが、オルガンにも伝わるのでしょう。伸び伸びとよく鳴る、本当に素晴らしい音色の楽器です。
今や盛岡の顔とも言えるこのオルガン。町にしっかりと根付いています。

オルガン:
マルク・ガルニエ(1998年)
3段鍵盤+ペダル 34ストップ 北ドイツ・バロック様式

こちら↓、久美ちゃんと連弾曲の練習中!
f0161652_1162663.jpg
実はこのホールには、3台のパイプオルガンがあります!
大オルガンに加えてこちら、レガールという名の楽器。チャルメラみたいな音色の楽器です。中世にはこういう楽器を運搬しながら野外でも演奏されていました。
ふたつのふいごを誰かに手動で動かしてもらいながら、鍵盤に直結しているパイプに(写真では見えませんが)風を送って演奏される仕組み。これはオルガンの仕組みを目で観て理解するためにもとても役立つ楽器です☆
f0161652_1623685.jpg
こちらはポジティフ・オルガン。4種類の音色を持っています。ペダルはありませんが、やはり移動できるので、小さなアンサンブルや合唱の伴奏などにも重宝する楽器。
どちらもガルニエ工房製です。3つのオルガンの詳細はここをどうぞ。
f0161652_16484732.jpg
リサイタルでは、前半にまず久美ちゃんと私がそれぞれソロをご披露。
そして後半は、この3台のオルガンを色んな風に組み合わせながら、
2台オルガンでの掛け合い、一つのオルガンで連弾など楽しみました。
3台の楽器が一度に聴けるホールって、日本では盛岡だけなんじゃないかなあ。
ヨーロッパの教会だって、3台持っているとことは珍しいです。
どうぞ皆さま、一度訪ねてみてくださいね!
f0161652_1722647.jpg
すごく久し振りに盛岡を訪れたのに、昔の仕事仲間やオルガン愛好会の皆様に暖かく迎え入れていただいて、昨日まで一緒に働いていたかのような感覚で嬉しかったです☆
その皆さんとの連日の激しい宴会?の模様は、とりあえず割愛しておきます(爆)。

楽しい一時をどうもありがとうございました!


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう
[PR]
by organvita | 2013-07-10 02:01 | 見た弾いたオルガン | Comments(5)
Commented by ouchidaisuki45 at 2013-07-11 19:58
愛ちゃん、アレちゃん、お帰り~~!
とはいっても、週末はまた演奏旅行だね!
ドイツもいっぱい楽しんできてね!
愛ちゃん、これから忙しい夏が始まるねぇ。
体調に気をつけてね~。^ー^
Commented by noeboo at 2013-07-12 15:31
パイプオルガンって、こんなにも大きいんですね。(すみません、知識も持っておらず、こんな恥ずかしいことを。)
お写真でお二人が小さくて、びっくりしました。
盛岡市民文化ホールってすごいんですねー。
こんな設備の整った音楽施設があるなんて。。
関西では京都の北のほうで、パイプオルガンを持ったホールをテレビで見たことがあります。
素晴らしいお仕事をされてますね。

私は子供のころはピアノを習ってましたが、小学校でやめてしまい、
娘はバイオリンを3歳から習わせましたが(一応本人がやりたいと言っていたので)中学校で一時やめ、大学に入り、部活動でまた弾きはじめてました。今、また、学業が忙しくなり休み中ですが、演奏する楽しさを
やっと感じられるようになったみたいです。(小さい頃はは苦痛で仕方なかったといわれました。??)
Commented by organvita at 2013-07-12 16:07
ouchiちゃんへ。
ただいま~!くーちゃんも充実した楽しい6月を過ごしていたみたいだね!!そっちにコメント残すね。週末からドイツ。食うぞ~っ!
Commented by organvita at 2013-07-12 16:10
noebooさんへ。
いろんな大きさがあるんですよー。大きいものはもっと大きいです!
京都にも大きなホールがあって、そこのオルガンはもっと大きいですね~。 娘さんバイオリンされているんですね!小さい頃苦痛でも頑張って続けてきた、ってことが大人になって自信に変わりますし、きっと一生楽しんでいけるのではないでしょうか?!素敵ですね☆
Commented by さーぶ at 2013-07-26 06:57 x
愛ちゃん、日本でコンサートあるのはブログで知っていたのだけど、タイミング合わず伺えなくて。次回はぜひ!&古楽話を(ビール片手に^^)聴かせてください。

この季節が来るとドロミテを思い出します。
<< まりこさんのオルガン イタリアに戻りました >>