ボルツァーノ・アイ・ピアーニのオルガン

ボルツァーノのサン・ジュゼッペ教会で、
オルガン連弾と、教会聖歌隊とのコンサートを弾いてきました。
この教会で毎年行われているCanne al Ventoと言うフェスティバルの一環です。
f0161652_15162879.jpg
このオルガンは、私の初めてのソロCD「バッハとイタリア」(2010年 ワオンレコード)
を録音した楽器。特別な愛着があるオルガンです☆
「そうそう、こんな音だったな~ こんなタッチだったな~」と思いだしながら、
コンサートの音作り。
f0161652_15274031.jpg
コンサートには巨大なスクリーンが設置され、後方のバルコニーでの演奏風景を巨大に映し出していました。弾いている私たちにとっては、顔の表情も見られてしまうので気を使ってしまいますが、お客様にとっては、演奏風景も見られる珍しい機会です。
f0161652_1641893.jpg
こちら、教会の聖歌隊。一曲目のグレゴリオ聖歌を熱唱中。
真っ赤な聖歌隊服がお洒落。
f0161652_16115366.jpg
聖歌隊の団員のクラウディオが、こんな絵をプログラムに描いてくれました!
似顔絵描きが趣味な彼は毎回、前日のリハーサルにオルガニストの写真を撮り、当日のプログラムにこうやって挟んでいるんだとか。
f0161652_16161033.jpg
さて、次のコンサートは日本です!
ただいま、荷造り真っ最中。
コンサートの案内チラシはこちらからどうぞ



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-06-12 16:23 | 見た弾いたオルガン | Comments(6)
Commented by ouchidaisuki45 at 2013-06-14 04:18
愛ちゃん、アレちゃん、
いよいよ日本への演奏旅行だね!
気をつけて、良い旅を!
そして、日本での素敵な時と、楽しい演奏を祈ってるよ!
ご家族のみなさまによろしくね!
いってらっしゃ~い!
Commented by T.Ono at 2013-06-24 22:46 x
ひさしぶりです。コメントは2~3年位間が空きましたので、とても恐縮しています。今回は盛岡で対面できたことがとてもうれしかったです。
オルガンを愛好する者として、愛さんの生き生きした演奏はすごくお気に入りです。
久しぶりの盛岡での演奏、感慨深かったのではないでしょうか。盛岡はこの演奏会場ができる前の約20年前にお世話になった場所。この場所に懐かしさを感じ、聴きたかったオルガンが聴けて、大変満足して東京に帰ってきました。素敵な演奏ありがとうございました。
Commented by organvita at 2013-06-25 00:30 x
ouchiちゃんへ。
ありがとう!日本ですでに一週間、忙しいけどとっても楽しい日々を過ごしています☆日本からのお土産、欲しいモノがあったらリクエストしてね~!
Commented by organvita at 2013-06-25 00:38 x
オノさまへ。
コメントどうもありがとうございます!!!あ~っ!今全てが分かりました~!オノさんですっ!!!盛岡では大変失礼してしまいました!大変失礼ながら、正直に申しますと、お顔も、お話させていただいたことがあることも記憶していたのですが、ブログとリンクせず・・・言い訳をしますと、特にコンサート直後は気がどっかに飛んでるので(ヘロヘロで)朦朧としていて・・。しかも、コンサート後、お話途中のまま、旧上司軍団に捕まってそのままになってしまって、気になっていたのです。はるばる来ていただいたのにご無礼をお許しください。ご丁寧にコメントいただけて感謝です。改めまして、盛岡まで来ていただき、ありがとうございました。久しぶりの盛岡を楽しめましたか?!私は冷麺、焼肉、寿司、蕎麦を、短い滞在中に制覇しました~!
Commented by T.Ono at 2013-07-07 07:40 x
こんにちは。盛岡の後、また横浜でもお話ができたこと、大変うれしく思っています。盛岡はあの後充分に私も楽しめました。
aiさんは沢山の方と接していますから、私のことなど意識できなくても当然です。私は今までaiさんのオルガンを聴けるだけですごく満足でした。いつも2人で幸せあふれる音を聴かせてくれることがとてもうれしいです。今後も、楽しみにしています。
Commented by organvita at 2013-07-11 18:06
オノさんへ。
みなとみらいホールにもお越しくださりどうもありがとうございました。
連日のオッカケ、ありがとうございます☆ 私たちは次回はまた来年以降?ですが、日本でのオルガン紀行、どうぞこれからも楽しんでくださいね。
<< イタリアに戻りました コルプス・ドミニ(聖体祭) >>