スロヴァキア、ニトラのオルガン Nitra

ヴェローナからウィーンに飛行機で飛んで、そこからバスで二時間。
スロヴァキアのニトラという町で、オルガンコンサートを弾いてきました。
ホテルの窓からの眺め。弾いたのは二つの塔がある奥の教会。
ニトラで一番大きな教会です。
f0161652_1552947.jpg
どことなく、イタリアのアレックスの実家の教会に似ている教会の内装。
後ろのバルコニーの上にオルガンが鎮座しています。

ちょっと面白い歴史があるこのオルガン。
中央の濃い木の部分は歴史的な部分で修復済み。
両脇の明るい木の部分は、近年になって付け足された部分。
旧&新が合体された造りになっています。

前日についてコンサートの準備をしたのですが、途中で結婚式があったので、
教会は結婚式バージョンの飾りが☆
f0161652_234057.jpg
オルガン:
Arnold, Moszny und Važanský
Rieger – Kloss(修復&拡張)
3段鍵盤+ペダル 60ストップ

こちら、オルガンの演奏台。
電気アクションの演奏台は、祭壇を向いて設置されているので、
ミサを弾くにはとても便利に違いない。
f0161652_311517.jpg
ニトラ・オルガンフェスティバルは今年で6年目。
同門の友人マリアが地元ニトラで始めたフェスティバルです。
今年のオープニングコンサートで弾かせていただきました。
初日ということもあって、市長をはじめニトラ市のお偉い方々から、
たくさんの暖かい聴衆が集まってきました。
ウィーンから、ブログのお友達「ウィーン散策」さんご夫妻もはるばる
駆けつけてくださいました!ありがとうございました!!

こちら、コンサート始めの挨拶↓↓↓。 バルコニーからこっそりと。
演奏している様子は、祭壇の右側のスクリーンで映し出されています。
f0161652_3135598.jpg
アレックスと私のそれぞれのソロを交えた、イタリアンな連弾のプログラムをご披露。
晴れてCDも出したので、レパートリーも一新しました!

コンサート後でのセレモニーで、関係者のみなさんと記念撮影。
毎回スロヴァキアに来ると体験するのですが、スロヴァキアの女性はみんなスマートで
背が高いっっ!日本人と写真を撮ると頭一つ飛び出てしまう私ですが、ここでは小人☆
f0161652_3285738.jpg
ニトラ観光編に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-01 03:37 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)
<< ニトラ散策 Nitra 春近し >>