ベルリンとライプツィヒ

ベルリンとライプツィヒで弾いてきました。

イタリアからベルリンまで大型バスで、ザ・14時間!!!

「イタリアからのバス旅行。ベルリン・ライプツィヒ観光。
夜はイタリア地元のお馴染みアンサンブルのコンサートツアーを現地で鑑賞しましょう」

というイベントの、その演奏家の方の役です(笑)。


よって、大型バスに乗った観光客は40~50名、
演奏家はそのバスの一番後ろの方にギュッと小さく約10名(笑)。
ツアーの旅程は完全に観光客ご一行様ペースであり、
私たちはそのペースに巻き込まれながらその合間でリハーサル&コンサート、という
過酷?なスケジュールでした(爆)。

こちら、ベルリンで弾いたリーツェンゼー教会。
教会に絡まるツタが、少し色づいて秋の気配。
f0161652_17443227.jpg
モダンな教会の祭壇のガラスからは、日中は池のある美しい公園が見えています。
演奏したのは、コレルリ、ヴィヴァルディ、バッハなど。
コンサートの最後には、この教会の合唱団と合同で演奏。
f0161652_17495162.jpg
コンサートの後には合唱団との交流会も兼ねて、すごいブッフェが!
ドイツの夜会でこんな豪華なのって、ちょっと珍しい?!
楽隊、開会の挨拶も待たずにかぶりつき。
豚の丸焼きもありました。めちゃ、美味かったけど、姿がかわいそうで写真なし。
f0161652_17554336.jpg
ベルリンからちょっと南下。
こちら、ライプツィヒの聖トーマス教会。
f0161652_1822173.jpg
何を隠そう、ここはバッハがカントールを務めた教会。
この祭壇にはバッハのお墓があって、その前で演奏する、という機会に恵まれました!
バッハを愛するワタクシにとっては夢のようなオハナシ☆☆
正式な演奏会、という形ではなかったものの、後ろに配置されたチェンバロを弾いた私はバッハ様に一番近かったわけで、演奏中自分の左の方からじわーんとオーラを感じ
(・・・たかっただけで気のせいだろうけどね・・・爆)、ちょっぴり感動のひとときでした。
日本人観光客の方とも遭遇し、聴いていただきました!ありがとうございます。
f0161652_19171066.jpg
祭壇のバッハのお墓。
考えてみたらバッハは牧師だったわけでも聖人でもなく、なので、カントールだったというだけで祭壇にお墓が作られる、というのはとても異例なこと。教会にお墓がある音楽家はたくさんいますが、祭壇に、というのは私は他に知りません。それだけバッハがドイツやライプツィヒで、そして世界中から崇められている証拠ですよね。
(もっと生前から待遇良かったら彼も苦労しなかったのにね。。。)
秋の収穫祭とも重なって、たくさんの収穫物で飾られていました。
日本の折り紙の鶴も!
f0161652_19203038.jpg
教会のステンドグラスにもバッハがはめ込まれています。
f0161652_2044614.jpg
その近くにはメンデルスゾーンも。
メンデルスゾーンはバッハのマタイ受難曲を再演した人物としても知られ、
また、ライプツィヒのゲヴァントハウスオーケストラの指揮者も務めた人。
ライプツィヒの音楽大学の創始者でもあります。
f0161652_20533058.jpg
リハ、演奏会、移動、睡眠の合間には、ベルリンでもライプツィヒでも、ほとんど観光できませんでしたが、ライプツィヒの商店街では、秋らしい装いの花屋さんが。
f0161652_0212660.jpg
広場には収穫祭の屋台が立ち並び、音楽もノリノリ。練習の合間に地ビールを飲んで
ウインナーかじって、「ザ・ドイツ」的な楽しい一時を過ごしました!
ほんと、ドイツのビール、美味いわ・・・。
f0161652_0391589.jpg




にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2012-10-04 18:47 | 音楽いろいろ | Comments(4)
Commented by minuminukanon at 2012-10-05 16:55
教会内 以外にシンプルな色合いなんですね
バッハ この間CD二枚と本を買ったばかりで 毎日仕事をする際に
聞いています ラウラパルジ-ニの音楽と交互にですが・・・・
 
Commented by yuuk at 2012-10-06 00:36 x
ええ〜?!演奏者も一緒につれてっちゃって、行き先で演奏させちゃうバスツアー?!
なんかおもしろーい!
聖トーマス教会の天井、とっても素敵ですね。
そしてお供えは収穫物。そうか〜、お花とは限らないんですね。
バッハは(そんなに詳しくはなくとも)好きなので、なんだかじ〜んとしました。
Commented by organvita at 2012-10-06 18:48
minuminukanonさんへ。
ここはプロテスタントの教会なので、わりとシンプルなのかもしれませんねー。
バッハのCDと本を買われたんですか?!いいですね~。なんのCDでしょう?!ラウラパウジーニと交互になんて、面白い!
Commented by organvita at 2012-10-06 18:53
yuukさんへ。
本当は(私が知らなかっただけかもしれないけど)演奏旅行に、何人か同伴者がいる、ということだったはずなんだけど、蓋を開けてみたらこうでした(爆)。実はね、ブログには書けないような「おいおいイタリア人~っっ!!」っていうハプニング?続出の旅行だったのよー。旅程&計画は破るためにある、のですねえ。。。って感じでね(爆)。
天井素敵でしょ!私も大好きで、こういう天井を見るとつい写真に収めてしまいます。
バッハのお墓の前で弾いたら急に上手く弾けた、とか奇跡を期待してたんだけど、変化はありませんでした(爆)。墓から出てきてレッスンされたりして、なんて楽隊と冗談飛ばしたりして。。。
<< おらが村、今週の景色 牛の下山祭 Desmontegada >>