シャウルスでの宴 Chaource

サン・フロランタンのコンサートが終わってから、次のコンサートまでの間と、
その後のオマケの数日、コンサートオーガナイザーのジェロさん宅にお世話になりました。急遽、友人まどか&フレデリックの部屋まで用意してくれたジェロ。
コンサートが終わって夜中に着いた彼の家で早速、それから5日間続く宴のコルクが
抜けられたのであった。
なにせここはシャンパーニュ地方。シャンパンがめっちゃ美味い。
ちなみにこの瓶、二本目。
料理上手でグルメな彼。お料理が変わると当然シャンパンも変わる。
f0161652_18174713.jpg
ジェロさん特性のオムレツ。シャウルス村の鶏の卵。
この地方産のキノコ入り。ふかふかで、めちゃ美味い。
f0161652_18202993.jpg
食事のシメは必ずチーズ。
フランスのチーズ、マジ美味い。しかも出てくる種類が半端じゃない。
とりあえず全種類味見したいワタクシ、身体が乳製品になってきた。
f0161652_18253586.jpg
まどかとフレデリックがフランス語で入ってくれたお陰で、フランス語オンリーのジェロさんとの会話も弾み、夜中たしか2時くらいまで飲み食い。
酔いが覚めてない翌朝、こんな素敵な中庭で朝食が待っていた。
f0161652_18333629.jpg
バター味がたっぷり効いてるクロワッサンの山。
レーズンとかチョコレート入りとか。
f0161652_18372758.jpg
翌日弾くべきオルガンを見学に、その後教会へ赴く。
その教会の美しさとフランス古典のオルガンの音色に酔い、
「うわーこれは明日のコンサート弾くのが楽しみだね~とりあえず前祝い」ってことで、あっという間にランチタイムに突入。ご機嫌でまたコルクが開けられた。
f0161652_18413447.jpg
さっきまでクロワッサンがあったテーブルの上で、ご機嫌なお肉が焼かれるところ。
めっちゃ上質なお肉だった。フランス牛万歳。
f0161652_18471122.jpg
夏の間毎週1・2回のオルガンコンサートを企画しているジェロさん、演奏家をこうやって毎回自宅に招き、こうやって美味しいお食事とシャンパンでもてなしている。
誰よりもジェロさん自身が一番楽しそうにしている、とはいえ、なかなか簡単にできることではない。


食事の最後にまたチーズ。
こちら、何を隠そう、シャウルス村特性チーズ。たぶんこの辺でしか食べられない。
しかもメチャ美味い。昨晩からのチーズの洗礼ですでに乳製品化している身体から乳が搾れそうな勢い。
f0161652_18563367.jpg
そして実は何よりも美味しかったのが、シャウルス村のケーキ屋さんで買ってきてくれたこのケーキ。フランス万歳。もう一回食べたかったな、これ・・・。
f0161652_191550.jpg
ずらっと並んだグラス(一人分)を前に、ご機嫌のジェロさん。
f0161652_6351562.jpg
夕方まで食べ続け、庭に食い倒れたアレちゃん。
f0161652_639941.jpg
飲みつぶれたアイちゃん。
f0161652_647584.jpg
身体がチーズでできた牛と化した身体を鍛えるべく、ちょっと近所をドライブ。
(ドライブだから身体動かしてないんだけどね)
村のはずれの森を散歩。フランス牛VSイタリア牛。
f0161652_774119.jpg
一時間くらいして戻ったら、すでに夜会のコルクが抜かれていた。
村の神父さんと一緒に。
f0161652_7282545.jpg
チーズの盛り合わせ。もう入らない!と言いながらも、昼にはなかったチーズも並んでいたりして(ジェロ、することニクイ)、またついつい切り分けてしまったのであった。
炭酸がちょっと苦手なアレちゃんも、シャンパンの美味しい味には勝てず、ぐいぐい飲んでる。
f0161652_7402023.jpg
美味しい経験ができると人間ご機嫌になるもので、翌日のコンサートに向けての心と
お腹の準備万端でご満悦(爆)。
しかも翌日は、午後5時からのコンサートだったのだが、3時まで別邸に招待されて豪華ランチを食べ(残念ながら写真なし)、コンサートを弾き、その後は村のオルガン協会の会長宅でのケーキで打ち上げパーティに出、そのまま村のレストランでまたまた豪華夕食をご馳走になるという、たった1時間のコンサートを弾くために、ひたすら食べ飲みつくした数日を送ったのであった。こんなオイシイおシゴト、なかなかある事ではありませぬ。

本当はこれで帰るはずが、もう一泊泊まらせてもらえることとなり、
夕飯にはこちらをまたご馳走になった。じーーーーっくり焼かれた村の鳥。
f0161652_7451017.jpg
アルファベット型の可愛いポテト。
自分の名前分食べていいよ、といわれ、集めてみたら二つしかなかった。
f0161652_7485127.jpg

とまあ、そんなこんなでの、とーーーっても楽しい&美味しいジェロさん宅でのひととき。

名残惜しい中、パリに戻ってそこから飛行機でイタリアに帰ったわけですが、
一足先にパリに戻っていたまどか&フレデリック宅に立ち寄ると、こんなお料理が。
ザ・お醤油味の和食。お味噌汁つき。
「あれだけ食べた後にはやっぱり日本食が胃に優しいでしょ」と。
・・・泣ける。美食大国フランスに完全に恋した演奏旅行だったけど、
やっぱ、最後は日本だわねーーーー。
f0161652_7542225.jpg
シャウルスの教会編に続く。




にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックよろしく☆
[PR]
by organvita | 2012-09-10 09:09 | 見た弾いたオルガン | Comments(5)
Commented by sunlightk at 2012-09-10 09:43
おしゃべり楽しい友達と、肉にケーキに酒~~!
organvitaさんは、なんて幸せな人生をおくってらっしゃるんでしょうか!!
ブログを拝見してるだけで、こちらの心も明るくなりましたよ~♪
でもでお腹はぐ~~です。(笑)
Commented by thallo at 2012-09-10 17:22
私まで一緒にフレンチチーズをごちそうになった気分だった!笑
演奏旅行おつかれさま。またイタリアに戻ってきて忙しい日が続いているかな?
どーんとでたでかい肉におーっとうなりました。これはイタリアでもよくある光景だよねー、っていうかイギリスでは見る事ができない光景だっ。爆笑
まだそちらは残暑が残るのかしら、体に気をつけて頑張ってね。
Commented by organvita at 2012-09-11 04:21
sunlightkさんへ。
ほんとこの日は格別でした~。なんせ座っているだけで食べ物が次々出てくるんですからねー(爆)しかも、美味しいものをわかっている人が出してきてくれるお食事。ああ、胃が5つくらい身体についていればいいのに。。。世界中の美味しいものを食べるためには人生短すぎます・・・
Commented by organvita at 2012-09-11 04:26
thalloさんへ。
コメントありがとうございます~!実は実は、ずっとブログができなくて、昨日本当に久しぶりにthalloさんのブログをまとめ読みしたところ!エキサイトブロガーおめでとうございます~!!!絶対いつか選ばれると思ってた、私!!!喜びをお伝えしたかったもののコメント欄が閉じられてたので・・・こちらでお祝いを!!!オリンピック、間近で盛り上がれたなんてほんと羨ましい~!!!これからまたちょこちょこ遊びに伺いますねー!!
Commented by njs2005 at 2012-09-15 02:08
あ~よだれ全開・・・・
<< シャウルスのオルガン Chao... サン・フロランタンのオルガン ... >>