神田キリスト教会のオルガン

秋葉原の電気街ど真ん中、電気やPC関係の部品の店の通りを歩いていると、
そこに、神田キリスト教会がすっと建っている。
f0161652_21192445.jpg
教会に足を一歩踏み入れたとたん、そこには外の喧騒が嘘のような、
静かな温かい空間が漂っている。
f0161652_21232937.jpg
三角形の後ろの壁にすっぽりと収まっているオルガン。
このオルガンは、北ドイツ・バロック様式で作られた楽器。
音色を聞いていると、遠い留学時代のことが思い出されてきて、どこか懐かしい。
f0161652_21293245.jpg
オルガン: ライル兄弟オルガン製作所(オランダ) 1997年
2段鍵盤+ペダル 20ストップ
f0161652_21333825.jpg
ここが電気街だということを完全に忘れ、練習させていただいた数時間。
終わって外に出た瞬間、コスプレ集団とすれ違い、かなり驚いたけれど、
電気街でふと見つけた教会に、静かな一時を求めてふらっと入ってくる方もいるそうで、
ここは文字通り、心のオアシス。
f0161652_21504880.jpg

毎月第3水曜日の12:20~12:50に行われている、
パイプオルガン ランチタイムコンサートに、夫と出演させていただきました。
みなさまも、秋葉のお買い物がてら、オルガンの響きに心休めてみませんか。


PS:本番後、私たちが秋葉ショッピングへ出かけたことは、言うまでもありません(^^;)。
オルガンビルダーの夫は、工具や部品屋さんがお気に入り☆


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしてね。
[PR]
by organvita | 2011-07-21 22:03 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)
<< サントリーホールのオルガン 東京カテドラルのオルガン >>