東京カテドラルのオルガン

目白・椿山荘の向かいにある、東京カテドラル
丹下健三が建築したこちらの教会は、上から見ると十字架の形をしている。
f0161652_18131477.jpg
教会内はぐるっとセメントで囲まれているが、それが不思議と温かい。
f0161652_18201187.jpg
ここには、いまや、東京のオルガンの顔の一つともなった、イタリア製のオルガンが。
オルガンから羽が生えたかのように、外の光が差し込んでいた。
f0161652_18233271.jpg

オルガン: マショーニ・オルガン 2004年 Op.1165
3段鍵盤+ペダル 52ストップ

このオルガンが制作されるまでのドキュメンタリーが、NHKで何度となく放送され、
DVDにもなっています。オルガンの仕組みもわかりやすく説明されている他、
一台の楽器が出来上がるまでの心温まるストーリーが素敵です。
アマゾンのこちらで買えますよ。
f0161652_18284011.jpg
イタリア製の、どこか懐かしい響きのするこのオルガンで、
夫が「オルガンメディテーション」を弾かせていただきました。
聖書の朗読とオルガン音楽によって進められていく、「メディテーション」。
バッハの前奏曲に続き、イタリアからの様々な作品を集めてお聴きいただきました。

「オルガンメディテーション」、毎月一回金曜日の19時から行われています。



にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2011-07-20 23:54 | 見た弾いたオルガン | Comments(2)
Commented by woodstove at 2011-07-21 20:35
愛さん アレックスさん こんにちは~。。。
 前回の日記での三人での演奏、聞きたかったです。
お二人でもあの素晴らしさ、三人ならよろ荘厳になったんでしょうね。
 さて今回の教会もまた素晴らしい会場ですね。
オルガンのために作られたような教会ですね。。。。。
会場ごとのオルガンごとに、音の響きに個性があるんでしょうね。。。(^^)
Commented by organvita at 2011-07-27 21:30
woodstoveさんへ。
こんばんは~!ここのカテドラルは残響がすごく長くて、ヨーロッパの教会にいるみたいです。日本ではなかなかないですよね、こんな残響に恵まれた場所。いつか東京に出てこられる時に訪れてみてください☆
6手連弾、私たちも初めてだったんですが、楽しかったです(^0^)
<< 神田キリスト教会のオルガン 松沢教会のオルガン チャリティ... >>