春がやって来た

おらが谷、緑色です。
f0161652_2246822.jpg
桜が咲き始めました。
f0161652_22481718.jpg
今まで小屋の中に姿を隠していた動物達も、姿を見せ始めました。
それに伴って、谷はホノカな「香り」で包まれています(笑)。
f0161652_22505270.jpg
スキー場の薄い雪を遠くに眺めながら爆睡する馬と、それに近いロバ。
振り向きさえもせず、緊張感ゼロ。春は眠いのよねー。
f0161652_2255535.jpg
東北でもそろそろ桜が咲くかな?!心が安らぎますように。
f0161652_22583549.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←春の優しさにクリック(^^)。
[PR]
by organvita | 2011-04-07 22:59 | ドロミテの景色 | Comments(10)
Commented by eithbed at 2011-04-09 15:26
この前まで雪に覆われていたのに、あっという間に春ですね。びっくりです。

近所の友人のお父さんは86歳、昔、昔は映画館でパイプオルガンを弾いていたそうです。以前はその方に、わざわざ日本から、オルガンを習いに来ていた人もいたそうです。すっかり最近は癌ですっかり弱ってしまれていますが、それでもピアノの前に座ると、1日中素晴らしい音を聞かせてくれているんですよ。

すごいなって、思うのです。
Commented by sunlightk at 2011-04-09 22:25 x
しあわせな風景ですね。心が和みます~。
私もロバさんのよこでご一緒したいわ~。(笑)
日本の桜も、きれいに咲いていますよ。
Commented by hiroko at 2011-04-11 01:24 x
あのあのあの。馬ってこんなふうにして寝るんですか!? これがふつう?
Commented by paprica at 2011-04-11 01:34 x
わぁ〜♪春ですねぇ〜。
愛さん、ご無沙汰してました(ブログはいつも楽しませていただいてますが、コメントがご無沙汰デス…)。
二枚目の写真、大好き。これは特別なレンズで撮ったものですか?清々しい空気がここまで届きそう。
で、ろば。このろば達は、野生のロバちゃんなのでしょうか?ほんと、くつろいでる〜。春ですね〜。
Commented by teruotto at 2011-04-12 16:27 x
イタリアの春、素晴らしいですね〜
そちらにも桜があるのですね、日本のようにお花見もあるのでしょうか?
家の近所の桜通りの桜はそりゃもう素晴らしいのって、そこだけはイタリアに負けないですよ〜
Commented by organvita at 2011-04-13 00:01
eithbedさんへ。
今週一気に春が来た感じです!一斉に緑になりました。
この春の初めの感じ、好きなんですよねー(^^)。

映画館でオルガンを弾いていたおじいさん、私もぜひ一度聴いてみたいです(^0^)。昔はそういう時代もあったんですよねーオルガンって。無声映画に即興で音楽つけていく、すごいですよね!!
Commented by organvita at 2011-04-13 00:04
sunlightさんへ。
ズームがあまり効かないカメラなんでイマイチですが、この馬ちゃんの背中のカーブ具合がなんともノドカでしょ?!
Commented by organvita at 2011-04-13 00:05
hirokoさんへ。
馬ってたぶん、立ちながらでも寝られるんだと思うんですけど、この無防備具合、笑えるでしょ・・・。一瞬死んでるのかと思ったんですけど、腹がかすかに動いてました、スーピーと・・・笑。
Commented by organvita at 2011-04-13 00:09
papricaさんへ。
うふふ。ありがとうございます。私のカメラはたった2万円の超お手軽デジカメです~。の割には、キレイに撮れるので気に入ってます。(Fuji Finepixです)
ロバちゃんは飼われているものです。まだ草が青々いので、そばに積まれていた干草をあげたら、面倒くさそうに食べてました(笑)。
Commented by organvita at 2011-04-13 00:13
teruottoさんへ。
いや~日本の桜には誰も敵わないですよー!日本の桜は世界一!!
こっちの桜は野桜ですからね、それはそれで綺麗だけど、手入れをされた樹齢OO年なんていう、魂の入った木はないですねー。
桜の下で宴会ってイベントもないですね、こっちでは。散りゆく花びらにはかなさを感じるとかって感覚、日本人にしかわからないかも。ああ、日本に帰りたくなってきた・・!
<< 世界中からの祈り ブレーシャ サン・ジュゼッペ教... >>