鹿の住む森 Paneveggio

フィエンメ渓谷の先、パネヴェッジョ自然公園には、鹿の保護地区がある。
この寒い雪の中、どうしてるかと思ったら、みんな気持ち良さそうに日光浴中。
f0161652_21244195.jpg
鹿に近づく午年の父。さて、どっちが鹿でしょう。
f0161652_21263568.jpg
近づいても全然平気。「シカたないわね、シッカり可愛くとってよね」。
f0161652_21293739.jpg
こんな近くでも大丈夫。優しい目。
f0161652_21324360.jpg
こっちは特等席シカないわよ。
f0161652_2138727.jpg
「シカちゃーん!こっち向いて~!!」
・・・・・
シカが10匹でシカと。
f0161652_21394886.jpg
それから、そのまま山の上目指してもうちょっとドライブ。Passo Rolleへ。
f0161652_214225100.jpg
ロッレ峠の頂上にいくつかある山小屋の、お気に入りのこちらで、
ポレンタと溶けたチーズを。ボリュームたっぷりぷりのランチ。
f0161652_22104097.jpg
・・・実は鹿肉の煮込みもあるのよね・・・。(これがまた美味しい)
保護されたり捕獲されたり、人間の都合で動物たちの運命もいろいろ。
大切なのは、ありがたく戴くことでしょう!
動物と共存する山の生活のワンシーンでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←シッカりよろしく。
[PR]
by organvita | 2011-01-14 21:43 | ドロミテの景色 | Comments(8)
Commented by fumieve at 2011-01-16 22:17
いいですねー。
寒いの苦手ですが(暑いのも・・・)、こういう風景を見ると、行ってみたいなーと思います。鹿、キレイですね~。近くに寄ってもだいじょうぶなのにもびっくりですが、遠くから見る姿もほんとにキレイ。

・・・で、鹿肉の煮込みとかも、大好きなんですよね~。
Commented by lacasamia3 at 2011-01-17 01:58
お父様満喫していますね。それにしてもご両親も雪山の片道1時間のお散歩(マイナス15度!)とはお元気ですね。
Commented by mineco at 2011-01-17 12:56 x
わああぁたいへん。ちょっと会わないうちに愛のおやじギャグ連発度が進行しているわ。シムタクも真っ青だな。どこまで行くか、楽しみになってきたよ。
Commented by organvita at 2011-01-18 08:07
fumieveさんへ。
なんでも日本では今、野生の鹿が多すぎて、街を荒らして問題になっているらしいですよ。
この辺でも野生の鹿が道路を横断したりして、私も車運転していてたま~に遭遇します。巨体なので当たったら大変ですが、遠目で見るにはキレイですよね。そして肉も美味しい・・・・。
Commented by organvita at 2011-01-18 08:09
lacasamiaさんへ。
ここへ到着した早々に、まず靴屋に連れて行き、冬の山靴(中が毛でモコモコの)を買わせました(笑)。のんびり歩きですけどね。太陽が照っている間は本当に気持ちよかったです。
Commented by organvita at 2011-01-18 08:11
minecoへ。
まわりに注意してくれる友人がいないので、もうまっしぐら。シムタクを越えたら私も大物になれるわね。この際がんばるわ!!!
でもたまに、調教しに遊びにきてね。まってるわん。
Commented by giulio71 at 2011-01-18 21:03
こういうダジャレから離れて久しいせいか、思いっきり笑ってしまいました。ダジャレは俗に、”寒い”と言われるようですが、こんな寒い中で思いつくダジャレはもう、脱帽ものです。
あれ、ますます寒くなっちゃうかな(爆笑)
Commented by organvita at 2011-01-21 17:39
giulioさんへ。
「寒い世界」に引きずりこんでしまってごめんなさい。どうりでここは寒いわけですね・・・わはは。夫に「鹿しかいない=solo cervoでね」なんてかなーり強引に日本語の説明してますが、どうもツボに落ちてくれません、って当たり前か・・・。ミラノから笑っていただけて嬉しいです(笑)。
<< 雪山遊び Passo Lava... フチャーデの冬 Fuciade... >>