東京佼成ウインドオーケストラを聴く

今年50周年を迎えたという東京佼成ウインドオーケストラが只今ヨーロッパツアー中。
先週、イタリア・ポルデノーネ公演を聴きに行った。

舞台の上には大勢の純日本人が、そして客席側のこちらにはイタリア人。
なんだか不思議な感覚。客席は満席で人気の高さが伺えました。

プログラムには、ヨーロッパと日本を結びつけることを意識した面白い作品が並んでいた。
f0161652_22304623.jpg
どの演奏も、とても変化に富んでいて非常に面白かったのですが、
特に私が気に入ったのは、真島俊夫氏の「3つのジャポニズム」という作品。
普段の生活で隠れがちな自分の中の「日本」が久しぶりにウズウズしていました!
それから、須川展也氏のサックス・ソロ、素晴らしかったです。そして何より印象的だったのが、そのアンコールで無伴奏で吹いて下さった「浜辺の歌」。泣けました。
ヨーロッパでふと聞く日本の旋律って、本当に心に染み入ります。

プッチーニのトゥーランドットは、さすがイタリア人のお客さんには大うけでした!

本当に楽しい、素晴らしいコンサートでした。
そして、日本からいらした皆さんの素晴らしいご活躍に、同国人として誇り高かったです。

またイタリア来てください!!

チェレスタを弾いていたOtenba pianistさん、大切な裏方を仕切っていた友達のMちゃん、お疲れさまでした(^^)。会えてよかった!


ちなみに、おらが村の、私がいつもコピー機を借りにいく印刷屋さんのお兄ちゃんも村のバンダでクラリネット吹いているんですが、何を隠そう、佼成ウインドオーケストラの大ファンで、知り合った頃すぐに「君、日本人でしょ?kosei wind知ってる?!」って聞かれたくらい。沢山CD持ってるそうです(^^)。
コンサート聴きにいったこと自慢しにいかなきゃ。むふふ。


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←音楽は世界を繋ぐと思う方、クリックしてね。
[PR]
by organvita | 2010-10-01 23:30 | 音楽いろいろ | Comments(6)
Commented by sunlightk at 2010-10-02 22:03 x
あした浜辺をさまよえば~♪
...なんか口ずさんでしまいました。心にしみる曲です。
海外に暮らしてらっしゃると、とくに心に響くでしょうね。
印刷屋さんのお兄ちゃんの反応が楽しみですね!!(笑)
Commented by organvita at 2010-10-03 05:23
sunlightkさんへ。
動物園の亀さんも、浜辺をふと思い出したりするんでしょうかね?
あ、それは浦島太郎の亀だけかな・・・。
Commented by Chisato at 2010-10-03 05:25 x
こうせい、来たんだ!!! 私も聴きたかった。どれも大好きな曲ばっかりだね。。そりゃ須川さんだもの、きっと素敵だったんでしょう。私もきっと泣けちゃうかも。
Commented by sachikoushi at 2010-10-05 06:15
愛さん、 来て下さってありがとうございました!
日本人が演奏する日本の作品ってやっぱりいいですね。
わたしも演奏していてとても楽しかったです。
とくに真島さんの作品は、何回も本番を重ねるにつれ、だんだん余裕が出てくると、情景がもっともっと見えてきて、素敵な作品でした。
日本にもいい音楽、いい作品がたくさんある、そういうものを海外に住んでいる日本人音楽家として、しっかり紹介していけたらなと思いました。
Commented by organvita at 2010-10-05 18:29
chisatoへ。
なんかねーちさとを思い出したりしていたんだよー。chisatoもこの曲吹いてるのかなー?!かっこいいねー!!!
Commented by organvita at 2010-10-05 18:32
sachikoushiさんへ。
チェレスタ、いい具合にいい場所でポロロンと聴こえてきて、効果ばっちりだったと思います!ピアノを弾いたプログラムもきっとあったんでしょ?それも聴きたかった!
そうそう、こちらにいるとそういう日本人魂を揺さぶられますよね。やはり日本人が弾く日本の作品ってしっくりくるというか自然ですよね。そういう演奏こっちで沢山していきたいですよね!ツアーお疲れさま!
<< VOWに投稿したい写真 釣りキチ三平 SAMPEI >>