東京の2つのコンサートのご案内

3月に東京で行われる、2つの素敵なコンサートをご紹介させていただきます。

          ************************************************
                      
             3月16日(火) 新宿文化センター

             柳沢文子オルガンリサイタル
         (↑詳細&チケットお申し込みは、こちらをクリックしてご覧下さい。)


文子さん、ことブンちゃんは、北ドイツ時代からのお友達。
「同じ釜の飯」ならぬ、「同じKartoffelsuppe(ジャガイモスープ)」を飲んだ仲間。
すでに当時から、「ブンちゃん=メシアン」「メシアン=ブンちゃん」と言われるくらい、
彼女のメシアンの演奏には定評がありましたが、そんな彼女の注目のリサイタル。
バッハとメシアンのコラボレーションもありの、意欲的なプログラムです!!
東京に数多くあるオルガンコンサートの中でも、バッハとメシアンの宗教曲にここまで焦点をしぼった演奏会は、はっきり言って中々ありません。この機会に是非皆さんどうぞ!



          *************************************************

              3月31日(水) 日本大学カザルスホール
         
               「カザルスホール331」
            (↑詳細&チケットお申し込みはこちらカザルスホールHPから)

御茶ノ水のカザルスホールは、3月末で使用停止となってしまいます。
ここで音楽を聴く最後の機会になってしまうかも知れない、素敵なコンサートのご案内です。是非お出かけください!

カザルスホール・プロデューサー中村ひろ子さんから戴いたメッセージ(↓)。
「すでにご承知のとおり、カザルスホールは来る3月31日(水)をもって日本大学お茶の水キャンパス再開発計画を進めるため、使用停止となります。今後のことについてはまったく決まっておりません。行く末に目処の立たないままホールを離れるのは、断腸の思いです。何もしないまま終わらせてしまうのもしのびなく、せめて最終日の3月31日に小さなコンサートを開くことといたしました。カザルスホールの原点であり、幕開けにも演奏されたチェロ、そして今やホールの象徴となったオルガンによるコンサートです。」


                                にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by organvita | 2010-03-09 23:12 | 音楽いろいろ | Comments(7)
Commented by Tsuyoshi Ono at 2010-03-10 01:28 x
久々におじゃまします。
投稿しばらくお休みしている間に、沢山のオルガンと接してきました。
minecoさんにはつい先日、ららぽ横浜のカリヨン広場で可愛い演奏を。
上のブンちゃんとカザルスもちろん、予約中。

3月のカザルスは幾度ともなく足を運んでいることでしょう。
毎週会っている中村ひろ子さんとの思い・・・まさにその通りかと。
Commented by giulio71 at 2010-03-10 07:33
カザルスホールの閉鎖は本当に淋しいです。
いつかまた再開されることを願いつつ。。。
Commented by organvita at 2010-03-10 22:46 x
Onoさんへ。
お久しぶりです(^0^)。色々なオルガン巡りされていたんですね!
このコンサートのチケットも予約済みとか。さすがでございます。羨ましいです~!
Commented by organvita at 2010-03-10 22:48 x
giulioさんへ。
本当に、このままの状態が保たれて、また開館してくれることを願うばかりです!
Commented by K RAUM at 2010-03-17 00:30 x
今晩は!

今晩、文子さんのリサイタルへ行ってきました。
荘厳さに威圧されちゃいました。
私は愛ちゃんのオルガンしか聴いたことがなかったので、
他の方の演奏を聴いて、
オルガン演奏者は個性がしっかりと演奏会で出るのだな、と、、、。
素人には曲の説明をしていただけたらと思いました。
詳しくは明日のブログに書かせていただきます。

日本でお楽しみください!!
Commented by organvita at 2010-03-17 01:56
K RAUMさんへ。
リサイタル行かれたのですね!私も聴きたかったです!!
本当に、オルガンってそれぞれの楽器自体の個性もさることながら、奏者の個性がプログラムの構成や演奏にはっきり出ますから、他の楽器よりも特徴掴みやすくて面白いと思います。「荘厳なメシアン」良いですね~!私には全くないレパートリーですし!
Commented by K RAUM at 2010-03-20 17:23 x
こんにちは!

今は飛行機かしら?移動中ですよね。
カザルスホールのランチタイムコンサートへ行ってきました。
大盛会で、私は立見でした。
水野さんの最後のご挨拶、声を詰まらせていたので、客席の私たちも目頭が熱くなりました。

春らしい旋律の曲が多くて楽しめました。

文化の火が消えるのはとっても淋しいですね。
<< 受難節とイースター Quare... 川釣り解禁 >>