ヴェンティミリア大聖堂のオルガン Ventimiglia

丘の上と下に分かれるヴェンティミリアの町。
弾かせていただいたのは、あの丘の上の教会。
f0161652_18222643.jpg
丘の上に登ると海が一望!海岸線の向こうはフランス。モナコ公国まで車で20分とか。
f0161652_18234856.jpg
ちなみに、雪山からリグリア地方(しかもこの辺りは「花のリグリア」とも言われ、一年中
温暖なことで有名)へ降りてきた私は、「さっさとリハ終わらせて海岸でごろっとしよ~」なぞという考えでワクワクしていたのだが、なんとこの前日「数年来」の雪が降ったとかで、
すんごく寒くて凍りそう・・・(泣)。暖を求めて教会へ。
f0161652_18333335.jpg
この教会はローマ時代から存在し、様々な時代を通り抜けてきた。
バロック時代には壁一面のバロック絵画で飾り立てられており、それが今世紀まで見られたそうなのだが、近年、オリジナルのローマ時代の様子に戻そうと修復が行われ、この姿に4-5年前に蘇ったのだとか。
写真には写ってないけど、祭壇脇の礼拝堂はまだバロックのままで残されており、
バロックの天井画を見ることができる。地下に潜るとローマ時代の基石も見れます。
f0161652_18364563.jpg
入り口上部の新しく取り付けられたバルコニーの上にオルガンが。
f0161652_1841488.jpg
オルガン:
カッラーラ・オルガン工房 Fratelli Carrara 1984/2008年制作、改造。
3段鍵盤+ぺダル 26ストップ  詳細はここで見れます。

この楽器は、そもそもモナコ公国の音楽院ホールに設置されていたものを、教会の修復
終了時に教会が買い取り、ストップやオルガンケースの改造をして、教会に設置。
その際、モナコ公国・モンテ・カルロのアルベルト王子がいくらか寄付している。
演奏台にはそのことを記念するプレートも。
f0161652_18461948.jpg
ちなみに、去年のこのオルガンの杮落とし演奏会には、このアルベルト王子もやって来たのだが、なんと王子は独身!!!!!!!
モンテカルロの王子様よーーー!!!!
もし私の演奏会が一年前で、一歩間違えていたら、私も今頃王女様だったかしら?!
(ないない)
ちなみに、王子様の顔を拝みたい方はここみてね。一番右の人です。50歳です。


コンサート中に撮ってくれた写真。
ドイツ・バロック時代仕様のオルガンに合わせて、バッハの作品を演奏。
夜21時のコンサートなのに教会に暖房は入っておらず、凍りそうになりながらのトリオ・
ソナタは辛かった・・・。せっかく「オサレ」なブラウス着たのに、あまりに寒くて首にマフラーぐるぐる巻いて演奏。
f0161652_19121471.jpg
コンサートの後は、カモミールティーで身体を温めました・・・(普通ならビール)

オルガンビルダーの方へ提案。
「床暖房」みたいに、「鍵盤暖房」開発したら絶対売れると思うんですけど。

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←暖かいクリックよろしくね。
[PR]
by organvita | 2010-02-18 18:55 | 見た弾いたオルガン | Comments(6)
Commented by yuuk at 2010-02-18 20:03 x
さて↓のコメントとは気分を変えて(笑)
あ〜、寒かったんですね〜、ヴェンティミリア。たしかにこのところ、ここでも2日おきに雪降ってましたからね〜。ここでもお疲れさま〜。
アルベルト王子、独身?!50歳だってOKよ。
では、私がモンテカルロの王女様になったあかつきには、鍵盤と椅子に暖房が入ったオルガンを献上いたしますわ!(笑)
教会に暖房?S.Ritaは入ってませんよ。聴く側は、マフラーとダウンコート、時には手袋までしてモッフモフのままですよ。あ、オルガニストは薄着おしゃれできないですね〜。薄くて弾きやすい暖房入り手袋開発したら、売れそうですね^^。あ、これも王女となったときの課題のひとつですわね〜、ほほほ(爆)
あれ、まじめコメントするつもりだったのに、おちゃらけて終わっちゃいましたね^^;
Commented by momousa at 2010-02-18 21:28 x
結構高い所にオルガンが設置されてるのに後方ガラス張りなのね。高所恐怖症だったら無理だよね)。うちの教会は床暖房もあるけど(通常はコストの安い温風式暖房だからパイプの音が狂いまくり)鍵盤まで温かさは届きません。だから小型のmy電気ストーブ持参してやろうかと考えてた矢先に、ミサの最中にsacrestiaで誰かが電気ストーブにスイッチ入れた途端にヒューズが吹っ飛び、伴奏中に電気もオルガンも止まりました。ははは。コンサート途中で停電してもいいなら、小型ストーブ持ち込んでみてはいかがでしょう。
Commented by organvita at 2010-02-19 18:35
yuukさんへ。
ぜひぜひ王女様になってください!その暁には、是非王女お付の宮廷オルガニストとして招聘してください。枕元で子守唄弾きます。
でもなんせ、モンテカルロですからねー。オルガン献上していただくよりもピンクのフェラーリの方がいいな(笑)。
Commented by organvita at 2010-02-19 18:39
momousaさんへ。
実はこの時、足元に電気ストーブあったんですよ。でもご存知の通り、私靴なしで弾くでしょ?だからストッキングが寒くって・・・。
ミサでそんなことがあったんですか!!!笑笑笑 
Commented by momousa at 2010-02-20 06:20 x
そう、お葬式ミサの時の出来事でした。お前がでかい音でオルガン弾くからヒューズが飛んだ、と電気ストーブにスイッチ入れた張本人からイタリア的な発言がありましたが、まさか registori を多く(っていってもうちの少ないし)使うと電気もその分多く使うんでしょうか??
Commented by organvita at 2010-02-25 18:36
momousaさんへ。
しかもお葬式だったなんて・・・
でかい音のほうが電源を喰うってことはないと思いますよ。電気ストーブの所為だと思いますけど・・・笑
<< サンレモ音楽祭 イタリア鉄道での旅 Treni... >>