ノゼッラーリの新しいオルガン Nosellari

オンジ&コトリさんが工房を見学に来た時、まだ地面に置かれていたこのオルガン
f0161652_22593152.jpg
子供のオルガン見学会を企画した頃には、下に演奏台部分が合体され、
内部のメカニックが入り始めていたこの楽器が、
f0161652_2323028.jpg
          じゃじゃーーん!完成しました!
f0161652_2383752.jpg
素敵な彫刻もはめ込まれ(社長奥さんのデザイン)、
工房にそっけなく置いてあったときとは、全然違う風格。
f0161652_23114356.jpg
場所は、トレントの南東、Nosellariという人口200人(!)の小さな小さな村の教会。
f0161652_23151345.jpg
小さな教会のための小さなオルガン。
設置場所は祭壇の前、聖歌隊も近くに座れるように。
以前は電子オルガンが置いてあったそうだけど、この新しいオルガン、ずっと前からここにいたかのように、すっかり教会と一体化しています(^^)。
f0161652_23182491.jpg
このオルガンで、2010年初シゴト、コンサートを弾いてきました。

実を言うと、そもそもオルガンは、新しい場所に納入されてから、その環境に慣れて音が安定するまで少し時間がかかるし、その上、冬に納入されたこのオルガンは、教会でミサの時だけに焚かれる暖房と、外からの冷たい空気の変化に日々さらされているため、
正式なお披露目演奏会は、春~夏に行われると決まっているらしい。

しかし、実際にはクリスマスのミサで聖別式も終わっちゃってるし、今回の演奏会もそもそも、夫がオルガンの搬入に来た時にパラパラっと弾いたことがきっかけで、それを聴いてた村人が、「あんだぁ、演奏もできるんだべか?ならクリスマスにひとつおめでたい曲弾いてくんべえ。」という訳で実現した、「お披露目演奏会の前の演奏会」。このアバウトな感じ、新年早々イタリアらしい(笑)。という訳で戴いた初シゴト。ありがとうございやす。
f0161652_2342227.jpg
オルガン:Andrea Zeni 2009 2段鍵盤+ペダル 8ストップ
アレちゃん、ペダル・ソロの練習中。
f0161652_23485363.jpg
8ストップしかない小さな楽器だけど、ストップ一つ一つが個性を持った響きで、音作りも楽しめました。
雪も降り出す激寒中を、たぶん村人の半分は来ていたんじゃないか、という程の立ち見ありのお客様!きっと村人達も、新しい楽器がどんな音色を奏でるのか、興味津々だったのでしょう。神父さまは、自分が管轄している200人の村人の中に、今まで見たことのない人を沢山発見し、少々動揺気味(笑)。

連弾&ソロで、アレちゃんドキドキのMCも挟みつつ、和やかに楽しい演奏会でした。アンコールの前には、神父さまの一声「もっと近くで見たい人はオルガンの回りに集合!」で、村人たちに取り囲まれた私たち(笑)。
f0161652_084991.jpg
ちなみに、教会後方に飾られていた、畳二畳くらいのこのプレゼピオ(↑)、
スイッチを押すと、電気が付き川に水が流れたりと凝ってるんですが、それにあわせて、抜群に調子はずれ(笑)の賛美歌が流れる仕組みで(村の聖歌隊が自分たちで録音したらしい)、それが10分以上止まらないのだった。
夫と「コンサート中に誰かがこのスイッチを押すか押さないか」で賭けをして、二人とも
「押す」に賭けたんですが(賭けになってない)、幸いみなさんお利口で、コンサートが中断することはありませんでした(笑)。
(それともコンセント抜いてくれたんだろうか?そんな気が利くかなあ、イタリア人・・・爆)

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←今年も沢山オルガン弾けるといいな(^^)。
[PR]
by organvita | 2010-01-09 00:25 | 見た弾いたオルガン | Comments(14)
Commented by mineco at 2010-01-09 01:08 x
オモシロすぎる。日本のどこかでこういうオモシロ体験があっても
誰が見てるかわからないから、なかなかここまで書けないよね。
イタリアだからこそ書けるこんなレポート、次も楽しみにしてます。
Commented by happydesigncafe at 2010-01-09 18:26
完成したのね〜☆ オンジとアレちゃん2ショットなつかしいです。
やっぱりオルガンお披露目会はたくさん人が来るのですね〜
連れてもらったところを思い出しました
村の名前忘れちゃった。。。

初仕事、またまたご夫婦で素敵ね♪
おふたりのCD、欲しいわん
Commented by lacasamia3 at 2010-01-09 23:27
素敵なオルガンですね。可愛い~。演奏会の理由が何ともほのぼのしていて良いですね。小さな村も何とも可愛いです。ヴェネツィアに行っていらしたんですね。私も来週仕事がらみで久しぶりに行ってきます。素敵な街ですよね。
Commented by yuuk at 2010-01-10 02:22 x
本当にかわいいオルガン!
小さい村でも、ほしいと願う人がいて(資金が集まれば)、これからずっとずっと弾き続けられる新しいオルガンが置かれる。それって、すごく素敵ですよね。
それにしても、神父様も動揺する集客力!大盛況なお披露目演奏会前のお披露目でしたね!
これで、ふだんから教会に来られる人が増えれば、神父様もニコニコでしょう^^。
今年もたくさんオルガン弾ける年にしてくださいね。
Commented by momousa at 2010-01-10 09:17 x
教会音学を大切にしている(と思われる)神父様と終始ニコニコしてコンサートを聞いていた村人達。(教会、満杯でしたね!)可愛らしい教会の可愛いオルガンの優しく包み込まれるような音色に癒され、透明でクリアでもある音色に元気をもらいました(お二人の技術のたまものですね)!ありがたや、です。今回は鍵盤の上を玉を転がすような滑らかさに仰天!あっぱれでございます。次のコンサートを楽しみにしてまあす!
Commented by GUSTUS at 2010-01-10 09:48 x
おめでとうございます
チャーミングなオルガン
奏者は弁天様(愛さん)恵比寿様(イタリアのつりびと)幸先の良いオルガン
工房御社中の皆様無病息災に
携帯電話で変換前はたゆめゆめ
多夢夢
多くの夢、夢が実を結ぶ為
Commented by organvita at 2010-01-11 03:27
minecoへ。
ぐふふ。ちなみにこの日のコンサート、プログラム提出したのに、刷ってくれなかったのよねー。まあ、そんなことも、笑い話にすれば大したこともないわけで・・・はは。ブログのネタになると思えば、何でも受け止められるようになってきた私。いいのかな~これで(笑)。
Commented by organvita at 2010-01-11 03:29
happyさんへ。
懐かしい写真でしょう?!半年前だねえ(^^)。
二人のCD作るかも?実は今計画中なの。ふふふ。いつになるか分からないけどね。

メールどうもありがとう。トマトの件、OKです!住所教えて!
Commented by organvita at 2010-01-11 03:31
lacasamiaさんへ。
大きな町で弾くのも良い経験ですが、こういう手作りの演奏会も、村人との交流があって楽しいです(^^)。コンサートの後は教会の外でホットワインでした!(飲むのに夢中で写真撮り忘れましたが・・・汗)。

お仕事でヴェネツィアなんて、夢のよう~♪ 楽しんできてください!!
冬のヴェネツィア、好きですよ、私!
Commented by organvita at 2010-01-11 03:36
yuukさんへ。
そうですねー。こんな小さな村なのにオルガンの需要があるってことが逆にすごいなって思います。これからこの村のお宝になるんでしょうね(^^)。今年もたくさんオルガンレポートできるといいな。トリノはひょっとしたら・・・来年行くかもしれません??

Commented by organvita at 2010-01-11 03:43
momousaさんへ。
その節はお世話になりました!
ところで、momousaさんの書き方が、所々私たちのお気に入りの「伝道師」の言葉遣いと似てきたような気がするんですが・・・気のせい?!笑
Commented by organvita at 2010-01-11 03:46
GUSTUSさんへ。
あけましておめでとうございます。
弁天さまに恵比寿さまですか!そういえば、今は川は釣り禁止期間で夫も「お休み中」です。もっとも寒すぎて川に立っていられませんが・・・。
今年も良い一年でありますように!
Commented by mamadance at 2010-01-11 05:35
村民200人の町のオルガン!立派ですね!!
ブログ読んでいてほのぼのな気分になりました。
おんなじ地球にいて、時間の流れ方が全然違うな~、と思います。
今年のお仕事はじめでしたね!幸多い一年となりますように!
Commented by organvita at 2010-01-11 05:54
mamadanceさんへ。
野沢温泉ののどかな雰囲気と、なかなか良い勝負かもしれません?!
ここは、東京と比べたら計画性に欠けるかもしれないけれど(笑)人間らしさに溢れた場所でした。ほんと、生き方考えちゃいます・・・笑
<< おらが村のプレゼピオ ヴェネツィア裏道写真集 >>