築地本願寺のオルガン

築地の空に、異国情緒溢れるインド風の屋根がぽっかり浮かぶ、築地本願寺
f0161652_18413310.jpg
中に入ると、伝統的なつくりの日本のお寺。丁度お坊さん達が祈りを唱えていた。
講堂の至るところ、装飾が凝っている。
浄土真宗のこのお寺に、なんと、パイプオルガンがあるのだ!
f0161652_18454429.jpg
オルガンは、講堂入り口のすぐ上に鎮座。
f0161652_18572269.jpg
どう見てのお寺の後方に、すんなりと馴染んでいるパイプオルガン。
演奏する場所は、この写真のオルガン右下あたりの木のボックス内。
座席の一番後ろで、お客様の背中を見ながら弾く感じ。
それにしても、どうでしょう、この講堂内。大正(?)浪漫感じさせてくれるじゃないですか。
なんだか袴履いてオルガン弾きたくなってきた。
f0161652_18591342.jpg
気品あるランプ。他にも見所いっぱい。
講堂内をぶらぶら歩いてるだけでも、ちょっとした歴史建築探訪できますよ。
f0161652_19111785.jpg
木のボックス内にある、こちらがオルガンの演奏台。
オルガン: ヴァルカー社(ドイツ) 1970年制作
        2段鍵盤+ペダル 26ストップ

この足のペダルの部分が、どうもお賽銭箱に見えるらしく、たまに足鍵盤の下に小銭が
たまってるとか。私が弾いたときにお金投げ入れてくれる人はいませんでしたが(笑)。

お寺にパイプオルガンがあるのはとても珍しいですが、もちろんコンサートの時だけではなく、お寺の様々な儀式でも使われているそうです。5線譜に書かれた仏教賛歌なるものもあり(教会の賛美歌みたいなものですね)、その伴奏として使われたり。結婚式も行われているとか。
f0161652_19151189.jpg
そんなお寺でのランチタイムコンサート。びっくり!すごい!満員のお客様です!!
近所の方、築地に買い物がてら、近くの会社員の方たちの定番となっていて、毎月沢山の人が集まって来るんですって。まさに地域に根付いたお寺。

30分のプログラムでは、まずこのお寺の初代オルガニスト伊藤完夫さんの作品を
ご紹介、それからバッハのイタリア・コンチェルトや、イタリア人の作品、最後に「さくら」の変奏曲を。日本のお寺のオルガンで「さくら」、ああ、やっぱ日本だわ。

衣装になんとな~くお線香の良い香りが染み付いたところで、コンサートの後は、
も・ち・ろ・ん!築地でお魚でしょう!!!
「毎月おすし屋さんにお連れするから、ワタシもう飽きちゃったのよね~」なんてめちゃくちゃ贅沢なことをのたまう築地オルガニスト、小島弥寧子さんの意見を完全無視(笑)、
「生魚を食べるまではイタリアに戻りません」と豪語したら、最高のお店に連れて行っていただきました。やったー。ぐふふふ。
f0161652_19431669.jpg
ちなみにこの写真(↑)、今イタリアのPCのデスクトップに入れてます。
夫がちょっと気持ち悪がってますが(デスクトップ一杯に拡大されてる)
ありがたいと思ってもらえるまで教育します(笑)。

集まってくれた友達たちや、お寺の方たちと一緒に、ザ・打ち上げ。
お坊さまたちから、築地の地元の興味深いお話も聞かせていただき、楽しい一時でした。
ありがとうございました!!
f0161652_1951237.jpg
和柄の素敵なランチタイムコンサートの案内チラシはここで見られます。
次回はもう来週だ!
築地のオルガニスト、ミネコさんが綴るブログ「築地のお寺でパイプオルガン」は、
オルガニストの間でも大人気(^^)


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←お賽銭代わりにクリック。
[PR]
by organvita | 2009-11-17 20:05 | 見た弾いたオルガン | Comments(4)
Commented by yuuk at 2009-11-18 04:17 x
このオルガン興味あったんですよね。そもそも、なんでお寺にオルガンを入れようと思われたんでしょうね。
そして、ドド〜ンと入ってるオルガン。そして、ふだんから、そしてランチコンサートにと、みんなから親しまれてるなんて、いいですね。
日本のお寺のオルガンで、イタリア人のノゼッティ氏作曲のさくらを、イタリアに住む日本人の愛さんが弾く。いろんな文化が入り交じった、素敵な状況ですね。
この海鮮丼がデスクトップですか!わかります!!いいな〜〜〜!!
私は、なんちゃって豚汁とごはんで、ホクホクしてま〜す^^。
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-11-18 15:24 x
毎月最終金曜日に行われている築地本願寺でのランチタイムコンサート。10月はついに念願が叶いましたよ。愛さんの演奏を近くで聴けてかつ、愛さんに肉声が私の耳を駆け抜けていったのですから。
魅力的な演奏に酔えて、長く待ち望んでいた念願が叶って、至福の時間を過ごしました。

誰でも築地と言ったら、やっぱりお魚でしょ。これを食べなくっちゃ日本人失格?旦那様は失格しませんけどね。

話しは変わるのですが、私は府中の森芸術劇場のオルガンをよく聴きに行きます。
ここではプロムナードコンサートをほぼ毎月行っていますが、10月は確かminecoさんの演奏。先日の11月の演奏は浅尾直子さんでした。
その時に気になるチラシを発見!!来年1月からしばらくの間プロムナードコンサート休止。3月から工事のするためとのこと。「えっ~!」
ですが、2月3日(水)にレクチャーコンサート。「んっ?」
演奏者の写真が愛さんではないですか?あれ、来年の2月にも聴けるんだぁ。喜びは束の間、平日の昼間ということに。。。
でもまた日本においでになるということに、すごく嬉しさが増しました。
Commented by organvita at 2009-11-22 01:54
yuukさんへ。
お寺で「さくら」いいでしょ?!ここで弾くお話を戴いた時、すぐに「さくら」弾きたいって思ったんですよね。
海鮮丼、また食べたいです。早く食べたいです。・・・ううう。
Commented by organvita at 2009-11-22 01:57
Onoさんへ。
こちらへもお出かけくださり、ありがとうございました。楽しんでいただけたのでしたら私も嬉しいです(^^)。
そうなんです、さすが早いですね!府中で2月に弾かせていただくことになっています。あ、そうなんですか、お昼に弾くんですね。本人は把握してませんでした(笑)。2月の演奏はここでだけなんです。
<< 裏山のひつじ 東京芸術劇場のオルガン >>