マリアのトマトソース

夏休みモードから抜け切れないまま、気がつけば9月も終わり。
そんな中、「あわじしまっ子」さんご夫婦が、夫アレックス・マンマの所へ、
トマトソース作りを習いにきました。
(早速「あわじしまっ子さんのブログのここと、ここでご紹介いただいています☆)

ヴェネトにある夫の実家で集合、早速畑へ行って、トマトの味見!
夏の間ずっとサンサン太陽を浴びていたトマトは、甘さ120%!
f0161652_23393873.jpg
講座(?)会場はこちら。実家の駐車場(笑)。夏の間は、風通りの良いこの駐車場が、
マリアの畑の野菜たちの洗浄や仕込み場所。簡易キッチン付き。
しかし、次から次へと誰かやってきては終わりなくおしゃべりの続く、典型的なイタリアの田舎の実家。お~い、早く始めようよぅ~
(じゃないと、トマト、ソースになる前に全部食べちゃいそうなんですけど・・・汗)。
f0161652_2345520.jpg
張り切りモード全開のマリア、この日は2種類のトマトソースを実演。

一つ目、シンプル・トマトソース

まず、トマトの中身(種のところ)を指で押し出すようにしながら捨ててしまう。
種を捨てることで、滑らかな出来上がりになります。
更に最後に手でぎゅっと絞って、水気を取り除きます。
f0161652_23541386.jpg
鍋にたっぷりオリーブオイル(美味しいエキストラ・ヴァージンを使うことが決め手!)を
入れ、つぶしたにんにくを加えて火にかけ、味付け。にんにくは茶色くなる前に取り出す。
f0161652_23511424.jpg
そこへトマト(&バジリコをちょっと入れても良い)を入れ、このくらいまで強火でどんどん煮る。水分をなるべく早く一気に抜いた方が、味のしまったソースになるんだって。
時々ヘラでかき混ぜてあげると良い。
f0161652_013993.jpg
最後にミルで一気に潰す。
一般的なレシピだと、始めにトマトの皮を取り除くんですが、マリアは最後にこれで潰してしまうので、トマトの皮はついたまま。マリア・レシピによれば、この皮にこそ太陽の恵みが詰まっているので、もったいなくて捨てられないんだって。
マリアのトマトソースが美味しい秘訣、ここにあり!
f0161652_08466.jpg

もう1つのソースは、他の具入り、ミックス・トマトソース
マリアの発明品だとか(?!)。

オリーブオイルににんにくを入れ火にかけ、色づいたところで取り出したら、
玉ねぎ、にんじん、赤ピーマン、セロリを入れて(まあ、何でもお好みで良いんだと思います)、軽く火を通す。
f0161652_0141827.jpg
火が通ったら、潰したトマトを加え、上と同じ要領で煮込んでいく。
最後にミルで滑らかに潰します。
f0161652_0153147.jpg
はい、これで出来上がり!
早速パンにつけてお味見。おいし~!!!
f0161652_0223713.jpg
ちなみに、畑で取れる甘い完熟トマトの場合は必要ないですが、
お店で買うちょっとすっぱめのトマトの場合、
煮込むときに少しだけお砂糖を入れると甘みがでますよ。

今夏の畑のトマトもそろそろおしまい。知らぬ間に食料庫にはこんなにトマトソースが!
冬越え準備万端。
パンにつけても、パスタに絡めても、お肉と煮込んだり、肉魚のソースにも・・・
どうにでも活用できて超便利。
f0161652_0255277.jpg
大量に作らなくても、パスタを茹でてる横で、トマト2・3個から気軽に作れますよ。
今晩の一品にどうぞ☆

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←マリアのトマトソースに応援クリック!
[PR]
by organvita | 2009-09-29 00:35 | マリアの台所 | Comments(14)
Commented by omuro at 2009-09-29 02:47 x
いいですね~!!!
こういうトマトソースが一番美味しいんですよね!
自然の恵みを一杯受けた料理を食べれば冬中元気に暮らせますよ。
素敵な暮らしですね^^
Commented at 2009-09-29 05:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mamadance at 2009-09-29 06:20
ブログ読んでいて作りたくなった!旦那さんに食べさせたくなった!今日作ります。(缶詰だけど・・・)
本当に美味しそう!マンマの愛情がぎゅ~~と詰まっているのが分かります。イタリアの豊かさに乾杯!

ちなみにうちの旦那さんはイタリア好きで(留学経験あり)、いつかはイタリアで生活したいと言っております。そんな日が来るかな?
Commented by yuuk at 2009-09-29 06:22 x
あ、この方が、お野菜を郵便で送ってらしたマンマですね^^。
トマトがおいしいと、シンプルでも、すごくおいしいトマトソースになりますよね!はは〜、彼女のは、にんにく入りですか!
マンマ・マリアは、パスタとあわせるとき、バターって使いますか?実は、例の友人の畑のトマトでシンプルソースをつくったとき、パスタとあわせる直前に、バターをひとかけポンって。
ペルージャの(私のイタリアの)マンマは、バターなんて使ったことなかったのに、こっちではけっこう使うみたい。北文化なんだな〜って思ったんですが。ヴェネトではどうですか?

ああ〜、たった今、S.Ritaのコンサートから帰ってきて、興奮覚めやらず!!すてきでした〜!!ひとつひとつの音が、とってもきれいで、即興って、あんな・・・もう、なんて言っていいのやら(←まいあがりすぎて混乱)、すごかった、すばらしかったです〜!!!^^;
Commented by njs2005 at 2009-09-29 14:05
今日は大腸内視鏡検査のため、昨日病院から配給の検査食(朝昼晩、茶碗一杯のご飯粒数えられそうな粥)だけで昨日の夜の粥から水だけ・・・オマケに腸をスッカラカンにするための、
大量のアレを飲んで現在は僕の腹の中には米粒一つ入っておりません・・・空腹に耐えきらないンでブログ見て気を紛らわそうっと、思って、お邪魔しましたけど、大後悔しております・・・・・

美味そ~~~~~~~~~~~~~~う!!
トマトソース美味そ~~~~~~~~う!!

あ~・・・胃液が・・・・。ヨダレも。。。。

あと半日だァ 検査おわったら何食べようかなぁ・・・。
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-09-29 17:35 x
燃えるような赤がピッタリのトマト。
いや~、この美味しそうなトマトソースを横取りしたくなってしまいました。

えっと、とあるオルガニストの師匠がオーストラリアから来日。
師匠はオルガニストでもあり、バリトンの歌手でもあります。
恰幅がよく、すごく声が通ります。来日中は、歌を歌うのに専念。弟子にピアノ、オルガンを弾かせて歌う日本国内のコンサートツアーを敢行。
聴きに行きました。なかなかいいんです。オルガニストとは思えなかったお声。
前の話題でオルガンにマイクが付いている写真ありましたが、まさに、歌うオルガニスト。
Commented by mineco at 2009-09-30 01:06 x
あのう、まことに図々しいお願いで恐縮ですが、お土産リクエストもう一個追加してもいいですか?シンプルな方が食べたい〜。ほんの少しでいいの。だめ?なんて甘えてみたりして。
Commented by organvita at 2009-09-30 21:05 x
omuroさん。
こんなに作ってどうするの?!なんて思っていても、次の春くらいには淋しくなってくるから、毎年トマトの収穫も楽しみです。
トマトの茎を折ったときの匂い、好きなんですよね~!
Commented by organvita at 2009-09-30 21:06 x
鍵コメさん。コメントどうもありがとう~!
またメールします☆
Commented by organvita at 2009-09-30 21:08 x
mamadanceさま。
缶詰のトマトでも美味しくできますよ☆
旦那さまに喜んでいただけましたか?!
旦那さま、イタリアにいらしたことがあるんですね!いつか是非お二人でイタリアの山にも来てください!
Commented by organvita at 2009-09-30 21:11 x
yuukさんへ。
そうです、このマンマが郵便で野菜送ってくる人です(爆)。
このマンマは、バターの代わりにオリーブオイルを使うほうが多い感じですね。ちなみにトレンティーノだとバター。やっぱり寒いから防寒食なのかな?!
S.Ritaのコンサート、いいな~!私も聴きたかったです!もうちっと近ければ・・・泣。
Commented by organvita at 2009-09-30 21:12 x
njsさんへ。
すきっ腹にトマトソース・・・す、すみません・・・。胃液がでちゃったでしょうか・・・笑。是非、山小屋でトマト作ってみてくださいね~!
Commented by organvita at 2009-09-30 21:14 x
Onoさんへ。
オーストラリアのオルガニストですか!どなたでしょう?!
歌えるオルガニスト、これはすごいですね~。
私ももう一芸考えなきゃいけないですね・・・笑。
Commented by organvita at 2009-09-30 21:15 x
minecoへ。
普段めちゃくちゃお世話になってるアナタには、畑ごと持って帰ってあげたいところだけど・・・、小瓶で持っていくわ。これでなんか創作料理ご馳走してプリーズ☆
<< トレヴィゾ Treviso ウィーンの街角 >>