スロヴァキア便り その6 トルナヴァのオルガン

西スロヴァキアへ電車で戻り、ブラチスラヴァにも近いトルナヴァ Trnava の町へ。
f0161652_1545034.jpg
ここトルナヴァの町は、かの昔、スロヴァキアで初めて、ブラチスラヴァよりも前に司教座が置かれた町。
f0161652_1548096.jpg
歴史あるこの教会の後ろには、窓を生かした素敵なオルガンが。
f0161652_15521673.jpg
その窓には、オルガンを弾く聖セシリアの姿が。
f0161652_15553354.jpg
その窓に背を向けるようにしてある演奏台。
奥行きの深いオルガンだということが、見てわかるだろうか。
オルガンの中に潜り込んで弾いているような気分。
f0161652_15573719.jpg
オルガン:
オットー・リーガー社 1912年制作 Otto Rieger Op.1894
3段鍵盤+ペダル 45ストップ
f0161652_161298.jpg
このオルガンフェスティバルのHPはこちら
このフェスティバルには、当時まだチェコ・スロヴァキアだった時代の、
チェコを代表する音楽家ペートル・エーベン Petr Eben も演奏に来ている。
ちなみに、ペートル・エーベンは2007年に亡くなりました。
素敵なオルガン曲を沢山残していて、私の好きな作曲家の一人。
ちなみに、彼の息子は、チェコ・スロヴァキアでは有名な俳優。
だから、詩の朗読付きのオルガン作品も生まれたのかな。

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←これにてスロヴァキア巡業おしまい!
[PR]
by organvita | 2009-09-23 16:12 | 見た弾いたオルガン | Comments(8)
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-09-23 21:32 x
教会とオルガンは切っても切れない関係だと改めて認識してします。
オルガンを弾く聖セシリアの姿の窓がすごくいい雰囲気を醸し出してますね。

私の秋の連休(日本ではシルバーウィークといっている。知っている?)は、教会の礼拝とオルガン鑑賞が主なる過ごし方でした。
東京カテドラル聖マリア大聖堂、立教大学、聖路加礼拝堂で礼拝をしてきました。礼拝でのオルガンの音色はジーンと来ますね。
今日のお昼は横浜みなとみらいホールで1ドルコンサートを聴いてきました。飯沼彩さんの演奏で。
来月10月のチラシを拝見。Ayakoさんがルーシーを演奏します。
10/28(水)。えっ。
東京芸術劇場、築地本願寺のorganvitaさまの演奏と重なっていたらどうしようと、チラシを見た瞬間に心配してしまいました。
それぞれ、10/21(水)、10/30(金)。

ふ~っ。セーフ。
Commented by yuuk at 2009-09-25 20:52 x
素敵な教会ですね。内部の様子が、ちょっと、トリノあたりの教会に似ているような気がします。
聖セシリアは、オルガンの守護聖人なんですか?それとも音楽かな?
演奏台って、いろいろな場所にあるものなんですね。パイプに囲まれての演奏ですね。
こ〜んなに奥まったところにあると、自分が聞こえる音とかも、(もっとおもてに演奏台があるタイプのオルガンを弾くときにくらべて)ずいぶん違うものなんでしょうか。

この月曜日から、待ちに待ったS.Ritaのフェスティバルが始まります。1回目のコンサートは、Sophie-Veronique Cauchefer-Choplin (Francia)。
去年、初めてオルガンをじっくり聴いてから、もう1年。楽しんできたいと思ってます。
Commented by organvita at 2009-09-28 22:11
Onoさまへ。
相変わらずオルガンコンサート通い、素晴らしいですね。
ルーシーのオルガンが続くようですね。あそこのオルガンは私もとても好きなんです。帰りに中華街にいけるのも魅力的だったりして・・?!
教会で聴くオルガンとホールのオルガン、どちらもそれぞれの魅力があって、それを聞き分けるのも楽しいですよね。弾く方も心持が違うんですよ。
Commented by organvita at 2009-09-28 22:17
yuukさんへ。
あ、そうなんですか?!トリノの教会はこんな雰囲気なんですね!
聖セシリアは音楽の守護聖人なんですって。いろんな楽器を弾いてる聖画がありますよ。ああ、あやかりたいもんです。

演奏台で自分に聞こえてくる音と、お客さんに聞こえる音って全然違うことも多いんですよ。もちろん会堂(お客様のところ)にどう聴こえるかを想定して音作りするので、例えばここのオルガンの場合も、自分の頭上に近いデカいパイプが「ぴょ~!!」と突飛になったとしても、負けずに弾くしかないのです(笑)。「リモート耳」が欲しいです、ほんと。

S.Ritaのフェスティバル、すごい人が来ますよね!そのショパンさんも有名ですよ。パリのオルガニスト。きっと素晴らしい演奏会になるでしょう!しばらくトリノでの楽しみが増えますね☆
Commented at 2011-07-21 09:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2011-07-21 18:04
鍵コメさんへ。
はじめまして。コメントをありがとうございます(^^)。
リンクを頂いた方は残念ながら存じ上げないのですが、素晴らしい活動なさっている方ですね。エーベンとのツーショット、羨ましいです!!どうぞ宜しくお伝えください。
パイプオルガンを弾かれているとのこと、いつかエーベンの曲も弾かれてみてはいかがですか?!
ところで、Sさんとお知り合いとは!世界は狭いですね~!私は留学先が同じだったんです。
Commented at 2011-07-23 09:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2011-07-27 22:17
鍵コメさんへ。
残念ながら今はイタリアなんです。コンサート伺えませんが、youtubeで宣伝されているなんて素敵ですね。どうぞ良いコンサートを!
Sさんには鍵コメさんのことお話しておきますね。
<< スロヴァキア便り その7 スピシュ城 スロヴァキア便り その5 ミカ... >>