スロヴァキア便り その1 ゼレネチュ Zelenec

ウィーン経由でブラチスラヴァに入り、そこから約1時間の町トルナヴァへ。
その郊外の町ゼレネチュ Zelenec でコンサートを弾いた。

人口約2000人の小さな町ゼレネチュ。たぶん日本人未開の地なのでは・・・。
この教会の神父さんによると、以前この村出身の女優が日本で公演したことがあるらしく、村に戻ってきた彼女が日本での体験談を村中の人に聞かせてくれたんだとか。
で、「今日は逆に、日本人がこの村へやってきたんですから、国に帰ったらこの村のこと
を是非日本で紹介してください!」・・・ということなので、記事にします(笑)。

しかしながら、残念なことにうっかり、かわいい町の写真を撮り忘れました(涙)。
(練習夜中だったし・・) こちらが弾かせていただいた教会。モダンな造りです。
f0161652_5542037.jpg
開放感に溢れた明るい教会。
f0161652_559354.jpg
オルガンは教会後部に。実はこのオルガン、今年春にお披露目したばかり。
村の新しいオルガンをまだ聴いたことのない&アジア人に興味津々の子供や大人で
賑わいました(^^)。
f0161652_654218.jpg
オルガン:
ヴァルカー・マイヤー社製(オーストリア) Walcker-Mayer Orgelbau
2段鍵盤+ペダル 20ストップ 
f0161652_6172147.jpg
コンサートにはビルダーのヴァルカー・マイヤーさんもいらしてくださり、気さくな楽しいおしゃべりで盛り上がりました。その彼から頂いたプレゼント。このオルガンラベルのワイン!
彼曰く、その昔は新しいオルガンを建てたら、その報酬として、そのオルガンの一番太くて長いパイプに満ち足りるだけの量のワインをもらっていたんだとか。
(ホントかいね??誰か教えてプリーズ)
f0161652_619449.jpg
スロヴァキアについては、これから少しずつ書いていくつもりですが、まず一番初めに
目に付くのは・・・美女!!しかもスタイルが抜群。美しい瓢箪型。
コンサート後に撮ったこの美女たちとの写真をご覧あれ。私が一番背が低いじゃん・・。
彼女たち、私の腰の位置からすでに足が始まってます・・・。
ちなみに、ナイスボーイはあんまり見かけなかった・・・ちっ。
スロバキア、男子天国と見た。男性諸君、スロヴァキアへレッツ・ゴー☆
f0161652_6283055.jpg


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしてね☆
[PR]
by organvita | 2009-09-16 06:38 | 見た弾いたオルガン | Comments(7)
Commented by どら at 2009-09-16 08:23 x
愛ちゃん、楽しそうだね。
ワインの話、どらも聞いたことあります。お披露目の時にパイプになみなみ注いで回し呑みするのだとか。
それには口の開いていないイミテーションパイプが必要ですね。どらも作っておこうかな?
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-09-16 14:04 x
スロヴァキアの美女たちの中にorganvitaさまのショットですね。
こりゃすごい、み足&体形。ご提示していただきありがとう。
Commented by organvita at 2009-09-17 18:50
どらさん!へえ~やっぱり本当の話だったんですね!!
昔の人、なかなか粋ですね~、って、生活必需品と交換したってことでしょうかね。
みなとみらいホールのお披露目だったら・・・大量に飲めそうですね(笑)
Commented by organvita at 2009-09-17 18:51
Onoさま、ちなみに、美しいのはどうやら若いうちだけ・・・とお見受けしました・・・。カッコイイ老女はあまり見かけなかったので・・・笑。
Commented by njs2005 at 2009-09-17 19:52
みんなスレンダーっすね~
僕はポッチャリ派ですんで・・・・
Commented by organvita at 2009-09-17 23:47
njsさんへ。ぽっちゃりがお好きですか!それならスロヴァキアの40歳台以上の女性がおススメです(笑)。
いや、ぽっちゃりを通り越してるなあ・・・。たくましかったです。
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-09-18 10:38 x
本当にそうなんですよ。
なんで、あんなにぶくぶく太っちゃったり、体形が崩れてしまうんでしょうね~。不思議ですよ。その点日本人は、体形を維持する努力を常日頃から惜しまないかなら、極端な体形の崩れ有りませんものね。
数十年後の同じメンバでの写真が見たいですね。
一番はやはりorganvitaさまでしょ。(笑)
<< スロヴァキア便り その2 コシ... ザルツカンマーグート紀行 その... >>