ポッツァ・ディ・ファッサから 山登り

といっても、この電動車で、ポッツァ市内からサン・ニコロという地区まで登れる。
所要時間約20分。ナマケモノの私たちにはぴったり。
f0161652_7105134.jpg
ここは一般車両進入禁止区間。
徒歩か、この電動車でしか入ってくることはできない。
電動車の終点で迎えてくれたのは、このステキな山小屋。
f0161652_718148.jpg
ここから更に先へは、徒歩でのみ。
山道を更に40分ほど行くと、滝があり、更に山の尾根を歩けるんだとか。
ナマケモノ軍団の私たちは、今回はこの辺りを散策することに。
f0161652_7211568.jpg
ハイジのおじいさんが出てきそうな山小屋や干草の倉庫が点在している、童話の世界。
f0161652_723163.jpg

f0161652_7235037.jpg
「あ、小屋からペーターが出てきた!」と思ったら、父でした。
(↑ 本当は「ハイジのおじいさん」?)
人の家に侵入してまで、写真ベストショットを狙っております。
(↑ 階段昇っちゃえば?って勧めたのは娘)
f0161652_7293284.jpg
この日は釣り名人の従兄弟イザイヤ君も一緒。
ちなみに、イザイヤ君&夫はこの前日、朝8時~夜7時までほぼぶっ通しで釣りに行き、
あまりに集中&体力消耗しすぎたらしく、二人ともかなり放心状態(笑)。
電動車の途中駅で見つけた小さな教会で、大漁の感謝の祈り(?)。
f0161652_7445741.jpg
教会の素朴な窓からは、夏のドロミテの山々が覗いていました。
f0161652_7511417.jpg
ファッサ渓谷に行ったら、是非ここにも足を伸ばしてみてくださいね☆

その前に、とりあえずクリック☆
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 

吉田家連絡網: 
ロウゴハ デンドウシャデ セカイリョコウ。 ヨシダケゼンイン ジョウシャセヨ。

ポッツァ ディ ファッサ ←ここでご紹介いただきました。
[PR]
by organvita | 2009-08-19 07:06 | ドロミテの景色 | Comments(2)
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-08-19 13:51 x
[コメントしようと思いましたが、下の歌詞で思わず歌ってしまいました。]

♪口笛は なぜ 遠くまで 聴こえる あの雲は なぜ 私を 待っているの
 教えて おじいさん 教えて おじいさん 教えて アルムのもみの木よ

♪雪の山 なぜ 薔薇色に 染まるの あの風は どこに 隠れているの
 教えて おじいさん 教えて おじいさん 教えて アルムのもみの木よ

♪眠る時 なぜ 星は そっと見ているの わらの中 なぜ いつも あったかいの
 教えて おじいさん 教えて おじいさん 教えて アルムのもみの木よ

♪LaLaLa・・・
Commented by organvita at 2009-08-21 16:13
Onoさま、わあ!3番までの全歌詞、ありがとうございます(^0^)。
ワタシは一番をやっと歌えるくらいでしたが、改めて全部歌詞見ていると、いい歌ですね~これ☆
ちなみに、こっちではハイジの歌は違うんですよ。個人的には日本版の方が断然好きですが!
<< ラゴライ湖で釣り オルガンの壁画 >>