チェルミスへ Alpe Cermis 夏編

フィエンメ渓谷のカヴァレーゼ Cavalese から出ているロープウェイを乗り継いで、
チェルミス Cermis 頂上へ。冬はスキー場のここは、夏はハイキング客で賑わう。
f0161652_810437.jpg
標高2200Mの頂上からは、フィエンメ渓谷が眼下に見下ろせる。
はるか遠くにボルツァーノ、そしてオーストリアの山々が。
気持ちよくパラグライダーが飛んでいく。私もやりた~い!!
f0161652_814095.jpg
二十歳くらいの青年も出発準備完了。
f0161652_8164856.jpg
谷に向けて走る。ふわっと広がる翼!
f0161652_8181151.jpg
私たちの上空をぐるぐると回りながら、「MERAVIGLIO~SO~!!!」
(すっげ~!最高~!)って叫んでる。あ~ん!私も連れてって~!!!!
(インストラクターと一緒に飛べるコースもあるのですが、夫に危ないからと禁止されてます・・・ぐすん)
f0161652_8211710.jpg
頂上の山小屋で食べたカネーデリと鹿の肉の煮込み。
f0161652_8262644.jpg
この日は夫と父母、それに日本語の先生ステファニア&パートナーも一緒。
山小屋に置いてあった卓上サッカーで盛り上がりました!日本勢ボロ負け・・・。
f0161652_8282859.jpg
吉田家連絡網:
タクジョウサッカーコウニュウヨテイ。カゾクタイコウセンニ ソナエルベシ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日は何位かな?!
[PR]
by organvita | 2009-07-30 08:34 | ドロミテの景色 | Comments(9)
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-07-30 15:47 x
高い場所苦手な人がいると思いますが(私はその口)、organvita様は全然平気の口ですね。こんな所でもし飛ぶことができたら大自然を独り占め~って感じですね。すっばらしい。幸せの絶頂を遥かに超えてしまいそうです。まさに「すっげ~!さいこ~!」
夫君の禁止発令は、organvita様を大事を思ってのことだからしゃ~ないっすね。
organvita様の近くにはいっぱ~い恵まれた空間があって、うらやまし~いったらありゃしない。何事にも感謝の気持ち忘れないことですね。夫君、ご両親、周りの人達、恵まれた環境、全てのものにねっ。
Commented by お家大好き! at 2009-07-31 05:00 x
チェルミスもフチャーデも、素晴らしい眺め~!お天気に恵まれている様子、良かった~!
パラグライダー、気持ち良さそう&楽しそうにみえるけれど、結構危険も伴うスポーツらしいよ。もちろん、危ないばかりではないけれど!
実は、自衛隊員だった従兄弟のお兄ちゃんが、これで障害者になっちゃったという、悲しい過去を知っているから、だんな様の気持ちもわかるぅ・・・
カネーデリかぁ~。Knoedelのことだよねぇ。。さすがドイツ語圏まじりだねっ!!美味しそう~~^0^
Commented by organvita at 2009-07-31 22:41
Onoさまへ。Ono様は高いところ苦手でしたか。オルガニストでも苦手な方がたまにいらっしゃいますけど、オルガンって基本的に高い位置に設置してあるので、そうなるとかなりキビシイらしいです。ヨーロッパの教会だと尚更ですよね~。Onoさんは是非、下の客席からゆっくりとお聴きください~^0^。
Commented by organvita at 2009-07-31 22:46
お家ちゃん。従兄弟のお兄さん、そうだったんだね。全然知らなかったよ。アレちゃんのパパも昔、兵役の時にやってたらしいけど、同僚がやっぱりこの事故で亡くなっていて、だから私にも禁止令が。だから無理にはやらせてと言えないの。ま、私も運動神経ゼロだし体力ないし、見上げて楽しむことにしてます~^0^。
Commented by momousa at 2009-08-02 07:45 x
実はわたくし、過去にスカイダイビングをやった経験がありまして、、。当然その時はタンデムジャンプといってイントラの人とくっついて飛びましたが、扉も椅子もついてない小型飛行機に乗り4千メートルの高さから飛ぶ、というよりすごい早さで落下しました。パラシュートが開いてからはきっとパラグライダーも似たようなもんだと思います。真夏だったから涼しくて景色が素晴らしかった。で、味をしめて講習に通おうと思っていた矢先、先にスクールに入ってた友人が着地時に骨折、危険なスポーツだと実感して断念。でも、コンサート終了後に オルガニストに向けて拍手を贈ってくれる演奏に満足したお客さんの顔をCantoriaから眺めるのもまた、空中からの景色以上に素晴らしいものではないのでしょうか?
Commented by organvita at 2009-08-03 01:59
momousaさんへ。ロッククライミングしたりスカイダイビングしたり、色々されてますね~知らなかったです~!でもキケンが伴うのは仕方ないですね・・。だから私はCantoriaから見下ろす方が懸命かもしれないですが、お客さんが満足してくれなかったら飛び降りた方がいいのかも?天罰下らないようにしっかり練習してコンサートに望むようにします・・・笑。
Commented by momousa at 2009-08-03 21:34 x
Cantoriaから飛び降りる、、、バンジーオルガニスト、、、。あなたのその発想を超える人はそう滅多にいないと思います。そんなOrganvitaさんに知り合えた私はやっぱり幸せ者。
Commented by お家大好き! at 2009-08-04 00:35 x
ついに、バンジーオルガニスト、、にたどり着いてしまいましたねっ!
こうなると、オルガンもなかなか危険な香りがしてきますね。
Commented by organvita at 2009-08-04 17:41
momousaさん&お家ちゃんへ。
どんどん発想が膨らんでしまうんですが、こうなったらもう、コンサートの時にはすでに背中にパラシュート入りのリュックサック背負っていた方が便利ですね。
あ、リュック・ポジティフ(オルガニストの背中の方にある、パイプが入った箱)が実はリュックサックだった!ってのもウケル?
でもパラシュートが開く前にあっという間に床に追突しそうなので、バンジーオルガニストは天井の高いカテドラルでのみの特別公開です。
<< フチャーデ Fuciade 釣り教室 >>