ダイアーノのオルガンでコンサート

おらが谷の村の教会で、夫とコンサートを弾いた。
先月のアブルッツォ州での地震のための、いわばチャリティーコンサート。
入り口に献金箱を置いて。私はいつもこの教会を自由に練習に使わせてもらっているので、そのお礼も兼ねて、年に一度こういうことが出来たらいいな、と思っている。
f0161652_23155230.jpg
コンサートの練習中、外は快晴。しかしこのところ毎晩のように雷雨に見舞われるおらが谷。夜のコンサート中も外がピカピカしてました。怖い~!
f0161652_23201462.jpg
こんなのんびりした村。教会の外に出れば、日中はカウベルがコダマしてます。
f0161652_23225072.jpg
一面天井画が描かれた教会。
普段は薄暗くて寒い教会内も、明かりを灯せばちょっとステキな空間に変身。
f0161652_23253996.jpg
最近釣り三昧だった夫もさすがに練習に熱が入る(笑)。って、あれ?こっち見てない??
f0161652_2327353.jpg
オルガンはアレックスの務める工房が2000年に入れた楽器。
小振りだがそれだけに繊細で素敵なオルガン。
私にとっては、いつも練習に無言で付き合ってくれる相棒的存在でもある。
こちらもどうぞ!
f0161652_23344338.jpg
今回のコンサートの目玉(!)は、オルガンとチェンバロの共演!
実は最近、チェンバロを手に入れた私たち。
この楽器を家に置いとくだけではなく、外に運んで演奏する機会を少しずつ増やしたいと密かに考えているのだが、今回はその第一回目。
これを機会にえらい久しぶりに(!)人前でチェンバロのソロをご披露して
しまいました~!こちら、ただいま必死に練習中のワタクシ。
f0161652_2343363.jpg
コンサートのプログラムはそういうわけで、まずはもちろんオルガンのソロをそれぞれ。
それからオルガンでの4手連弾。
チェンバロのソロ。
オルガン&チェンバロでの2台連弾。
という風に、組み合わせを変えながら、ドイツ&イタリアのバロック時代の作品を中心に。

チェンバロからオルガンを見た図。
チェンバロ担当の時は、オルガン弾く人の背中が合図。
f0161652_23525878.jpg
コンサート同時刻に別の村で偶然にも、「全村吹奏楽団合同野外コンサート」があったにもかかわらず(笑)、こちらのコンサートにも沢山の人が来てくれました。
そう、7月に入って急に観光客の姿が激増!
トレントのasaさん、ボルツァーノのYさん、遠いところありがとうございました☆
アットホームで暖かいコンサートでした。
募金も沢山集まったのかな?

付け足しになりますが、これ(↓)は村の掲示板に貼られたコンサートポスター(右)。
私の手作り(笑)。コンサートの一週間前に主催者から電話があり「ポスター作ってよ」。
ありえません、日本じゃあ。
ええ、コピーもして谷の店の店頭に張ってもらえるように歩き回りましたとも。
ま、実は嫌いじゃないのよね、こういうこと!

ちなみに、左の方に「la sagra del fen」っていう黄色いポスターありますね。
こんなポスターと一緒にオルガンコンサートの案内がなされるところが正に「おらが谷」。
いい味してます。
さあなんでしょう。次回へ続く~。
f0161652_083877.jpg


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックして順位見てね☆
[PR]
by organvita | 2009-07-08 00:18 | 見た弾いたオルガン | Comments(8)
Commented by お家大好き! at 2009-07-08 03:58 x
わ、わっ!可愛らしいチェンバロ!入手おめでとう~~!
愛ちゃんも、久しぶりにチェンバロのコンサートだなんて、練習も本番も、さぞや楽しまれた事でしょう!お疲れ様!次もガンバ!!
そっちも、毎日のように雷雨なんだねー。ホンと、ここと気候が似てるよね。
ここは、ここのところ、毎日雨が降っていてジメジメしてる。雑草や草はバンバン伸びるけれど、ビショビショで芝刈りにならないよ。
上の草刈り大会、すごいね。皆さん、なかなかやるね~~!(死神様の持っている鎌もこんな感じ?ちょっと怖い・・・)参加してみたいけど、この方達の前には勝ち目ありませんねぇ。。
Commented by yuuk at 2009-07-08 06:58 x
わわっ、お昼にこの記事みてコメントしようと思ってたら、もう↑の記事がある〜!!
sagraって、食べるお祭りだけじゃないんですね〜。今まで、食べ物祭りばっかりだと思ってましたよ〜!それにしても草刈り・・・アマは参加できそうにありませんな・・・参加前に数十年の修行が必要そう。

赤いチェンバロ、かわいい〜!チェンバロの音、好きなんです〜。
同じ世界を持ったパートナーと、創造的な世界をつくっていけるっていいな〜。
パイプオルガンとチェンバロのコンサート、聴いてみたいです。
ぜひ、そちらに行かねば!!
Commented by asa at 2009-07-08 15:27 x
素敵なコンサートでした。チェンバロとオルガンの連弾、私たちはじめ、聴いてる人たちもすご~い喜びよう、また是非やってください。近くでコンサートやる時は義父母も連れて行きたいなぁ、きっと気に入ると思うんです。ではではBBQで!
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-07-10 11:31 x
organvitaさま
皆さんが言うとおり、赤い色のチェンバロがすごく可愛いですね。
オルガニストの方がチェンバロを弾くことは珍しくないのでしょうけど、organvitaさまもチェンバロを弾くんだぁ~。へぇ~。ひたむきに演奏に精を出しているところにエールを送りたいと思います。特徴のある音色が奏でられること、自宅でも弾けて。なんて羨ましいこと。
オルガンとチェンバロの共演は私は聴いたことがありません。どんな風になるのか、なったのか、かなり興味あるところです。
Commented by organvita at 2009-07-10 16:48
お家ちゃん。チェンバロかわいいでしょ~?!私たちも気に入ってます。
普段家でポロロンとする程度なら私たちにはこれで十分。・・・そのうち2段欲しいとか欲が湧きそうで恐ろしいけど・・・はは。
草刈大会ウケルでしょ?!意外とゴマがいい線行くんじゃない?!
Commented by organvita at 2009-07-10 16:51
yuukさんへ。そういえば確かにランチのテーブルも並んでましたね。この辺だとたぶんポレンタとかが出てくるんだと思います☆
チェンバロの赤、いいでしょ?!偶然にもチェンバロ置いてる部屋のカーテンが赤なので、お部屋が賑やかになりました~。
Commented by organvita at 2009-07-10 16:53
asaさん、この間はありがとうございました!(映画も!)
そうですね!是非義父母さんにも聴いていただきたいです☆
またBBQで!BBQレポートはお任せください?!はは。
Commented by organvita at 2009-07-10 16:56
Onoさま、私は本当はアンサンブルでチェンバロを弾くのが好きなんです☆エール、しかと受け止めましたよ~。ありがとうございます。
自宅には練習用の電子のオルガンはあるのですが、細かいタッチの練習にはならないのです・・。それをチェンバロでかなり練習できます。それにやっぱり生音は心地よいです。
いつか日本でもオルガン&チェンバロで弾ける機会があると良いんですけど!このくらい小さなオルガンとならバランスも良くて丁度よいのです!
<< 草刈祭り Sagra del fen オルガン案内 >>