ヒミツの釣り場発見 Travignolo

といっても、別にヒミツでもなんでもないのですが・・・!この小さな谷に3年も住んでいながら、未だに行ったことのないところが結構あることに、気がつかされる最近。
「今年の夏はこれまで以上に積極的に遊ぼう!」と夫と深く反省(笑)。
そのうちの1つがこの川、トラヴィニョーロ Travignolo。
谷を流れる本流のAvisio川に流れる支流。この上流にはダムになっている。
f0161652_22301399.jpg
夫共々、この川に最近すっかりハマっています(笑)。景色別世界。
そもそも、この上流のダムに釣りに行って、全然釣れなかったのが始まり。
ここから流れる支流に半ヤケクソで糸を垂れたら、本流では見ないような色の濃い筋肉質の(笑)マスが沢山釣れちゃった~!
f0161652_2237930.jpg
釣り糸を垂れるのは夫だけですが、なんだかこの景色、日本の渓流にも似てません?
私も岩に座ってボーっと。この写真の中に夫がいるのですが、私の知らぬ間にいつの間にか全身釣り服コーディネートを揃えた夫を探すのは、かなり困難(笑)。
f0161652_22421284.jpg
釣りの後は、川から少し離れた景色のいい芝生に布を敷いて、この日は外でピクニック
夕飯。ツナや卵のディップクリームを作って空き瓶に入れて。後はサラダやオリーブ、アンチョビなど。パンに塗ったりするだけだけど、景色が良いから美味しい~!
f0161652_22485426.jpg
ほら!素晴らしい景色でしょ!食後は5分程このブランコで休憩。で、そそくさと退散。
・・・実はここ、他人様の別荘の庭なのだー(笑)!誰もいなさそうだったから、つい。
f0161652_22474247.jpg
週末、夫パパママが来たので、早速連れて行った。するとロッククライマーたちが!
f0161652_22571212.jpg
めちゃくちゃカッコイイ~!!!しばし見とれてしまった・・・素敵すぎる。
f0161652_22581869.jpg
実は私もこれやってみたいのだが、筋肉ゼロの私にはたぶん絶対無理・・・。
なのでせめて夫がしてくれたら! 「ねえねえ、せっかく男に生まれたんだからさぁ~!
岩登ってよー!かっこいいよ~!太陽に向かって寡黙に登っていく夫を見上げて応援する妻になりたい~!きゃ~!!」
f0161652_2315738.jpg
・・・と、振り返ったら夫の姿はとっくに消えており、そこには、岩に腰掛けて川底を凝視する夫と、それを応援する夫ママの姿が・・・(笑)。
f0161652_2334620.jpg
しかし!退屈し始めた夫パパが「オレにもちょっとやらせろ」と初投球した釣り糸に、
今まで夫でも見たこと無い程の大魚が食いつき、すごい勢いで暴れている!!
私も見たけど、超デカかった!白いお腹がバシャンバシャンと跳ね返り、
うわーー!!!!と興奮したもつかの間、釣り糸を切って逃げてしまった・・・写真すら撮れず。この後、夫vs夫パパで「釣り糸が弱すぎる」「釣りかたが悪かった」と責任のなすりつけ合い。ま、どっちもどっち(笑)。
それにしても毎度、「いや~!あれは本当にすごかった~!!このくらいあったよなーーー!」と説明する度に広げる両手の幅が、どんどん広がっている(笑)。来週あたりには
2Mくらいの大魚をとり逃したという御伽噺になっているに違いなし。
f0161652_23122629.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックよろしくね^0^。
[PR]
by organvita | 2009-06-01 23:13 | ドロミテの景色 | Comments(8)
Commented by momousa at 2009-06-02 08:27 x
ロッククライマー、格好いいですよね。実はわたくしフリークライミングの講習を受けたことがあるんですが、一番足場になりそうに見える石(つまり他よりも出っ張って見える石、っていっても2センチぐらいかな)から次の石へ移るのにどれだけ大変だったか、、練習場の壁にイモリみたいに情けない格好でへばりついてるだけだったですね。一緒にいた友人は結構登れてたけど、先生に上手な人は大きな音をたてずに静かに登っていく、と言われてショック受けてました。何事も、極めた人はスポーツであっても動作がエレガントですね。
Commented by akikatsu@zap.at at 2009-06-02 17:53 x
すごく魚影の濃い渓流ですね!
私もそちらに居た時にやりたかったのですが、忙しすぎて全く出来ませんでした。
ところで今は入漁料いくらくらいですか?

今度大物を釣ったら写真を披露してください。
Commented by ouchidaisuki at 2009-06-03 19:09
素敵なところがまだまだ沢山開拓できるおらが村地方。
この釣り場も本当に素晴らしいところだよねー^0^!
どんどん広がってゆく両手の幅・・・だんな様のパパ、おもしろい。最後はどんな御伽噺に発展したのかなー?
Commented by njs2005 at 2009-06-04 16:23
高千穂峡みたいだ〜(知ってます?)
釣吉三平に出てくる秘境っすね〜羨ましい・・・
どんな主(ぬし)が出てくるか楽しみっすね!(おとうさんが逃したのが主かも・・・)

釣り人、漁師が釣れなかった理由は100も用意されてます。。。

逃した魚がどんどん成長するのも全世界共通っすね!安心。。。

釣り最高!釣り話で飲みが始まると、みんないつの間にか魚のサイズは膨張し普通のお刺身サイズのイカも竿をへし折る化け物級に変身です!
盛り上がります・・・・。釣り人はバカちんでもあります。
Commented by organvita at 2009-06-04 17:00
momousaさん、へぇ~!講習受けたんですか?!いいなー!
おらが村にありますよ、練習場。また一緒にどうです?!
でも、「イモリみたいな」ってわかります(笑)。傍目で見てると苦労なさそうなんですけどね、私も死んだイモリ状態になってしまうでしょう・・・とほほ。
Commented by organvita at 2009-06-04 17:05
akikatsuさま。「魚影が濃い」っていう言い方をするんですね!知りませんでした・・・!イタリアの入漁料は確か一年で60ユーロくらいで、おらが谷の場合、それプラス、住民だと一年に更に70ユーロくらいを払うと、指定された区間内でつり放題(一日5匹まで)です。住居のないところで釣る場合は、その管轄の事務所で一日魚権を買うようです。
同じ川の中でも、釣っていい場所、釣っても持って帰ってはいけない場所、釣り禁止区間など結構細かく指定されていて(毎年区間が変わるようです)、イタリアらしからぬ(?)かなり厳密に管理されています。
日本もそうなのですか?
Commented by organvita at 2009-06-04 17:07
ouchiちゃん。谷一本道しかないところかと思っていたけど、脇道に入っていくと色々出てくる(笑)。5・6軒だけの集落を見つけたりね。
そちらもまだまだ色々あるはずよ!ゴマの鼻を頼りに(?)開拓してね^0^。
Commented by organvita at 2009-06-04 17:09
njsさん。高千穂峡!そうですね~!!昔行ったことがあります!!
あそこも素敵なところですよね!川沿いに歩きましたよ^0^。
山瀬山小屋付近にも釣り場があるんですか?いつかバカちん夫連れて遊びに行きたいです^^。
<< 近所の猛犬 オルガン&ピアノレッスン >>